ビッグコミックスペリオール<br> 味いちもんめにっぽん食紀行 〈2〉

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックスペリオール
味いちもんめにっぽん食紀行 〈2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年11月25日 17時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ コミック判/ページ数 181p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861696
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

伊橋の北陸食見聞、能登そして富山へ!

日本には、まだまだ知らない食文化がある…というわけで、全国行脚に出た伊橋。最初の訪問地は北陸最大の街・金沢。後輩・早瀬の実家の料亭『雪月樓』
に「助」という形で居候中の伊橋は、早々に店に馴染み、金沢の食文化を吸収中。さらに見聞を広めるべく、『雪月樓』の同僚・小茂根、稲峰に誘われ、能登、氷見、富山へと足を運びます! そこで得るものは…!?



にっぽんを食べ尽す「味いち」新シリーズ。読むとその土地に行ってみたくなる《北陸編》第2集!


【編集担当からのおすすめ情報】
《北陸編》第2集で伊橋が訪れるのは、能登・輪島、氷見、富山市内。日本の原風景が残る土地の魅力を、「味いち」で感じ取ってください。