ビッグコミックス<br> あずみ 〈23〉 雪と別れ

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
あずみ 〈23〉 雪と別れ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 174p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861238
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

権力者たちが平和の大義の元に、最後の戦乱へと突き進んでいった時代!! 修羅に生きる殺戮集団として、純粋培養された少女たちがいた!!

▼第1話/天海の危機▼第2話/対峙▼第3話/堕天使▼第4話/心裏▼第5話/神秘の目▼第6話/雪と別れ▼第7話/密命●主な登場人物/あずみ(精鋭の刺客として純粋培養された少女)、飛猿(井上勘兵衛に仕えていた忍者。現在は天海に保護され、あずみとともに密命を帯びる)、南海坊天海(亡き家康のブレーン。あずみを保護し、新たな使命を授ける)、小西静音(雪国の領民の教祖的存在。だがその正体は、領地の戦乱を画策した双子の悪魔)●あらすじ /羅刹鴉との果し合いに勝利し、これを一掃したあずみ。だが、使いの者の知らせで、天海が内乱鎮圧のためこの領地に向かっている事を知る。情報を先に得た反乱軍の将・玄斎は、国境に配置した大砲群へと向かった。恩人の危機を救うため、あずみは雪原を駆ける…!!(第1話)▼この巻の特徴/玄斎たちの包囲網を突破し、大砲発射を未然に食い止めたあずみ。だがその途中、静音が全領民を集結させていることを知る。彼の目的とは…? そして、理想の国家を目指していた俊次郎の運命は…!? 雪国死闘編、堂々の完結!!●その他の登場人物/真弓俊次郎(あずみとは旧知の若侍。倉石左近により斬られたが、天海に救われる。あずみに一途な思いを寄せ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

地下鉄パミュ

6
静音様がペラかったのが悔やまれる。もっと深掘りしても良かった気もするけど、静音様嫌いだから良いかな。谷底に落ちて行く静音様(忠音様)がちょっとタイタニックな気分。タイタニックと一緒にしたら失礼だけど。天海の考えを信じて良いのかまだ自分には分からないけど、立ち振る舞いは堂々たるもの少しだけ支持率アップと言う事にしときます。また新キャラがイケメン・・・その役所は気になるが正直要らない笑。2021/03/21

十六夜(いざよい)

6
雪国編終了。静音たちの死に様が意外とあっさりだったが、俊次郎にくらべればまだマシな方だろう。自らが広めた幻覚草に酔い崖から転落して死した挙句あずみにも見つけて貰えない…いっそ左近に斬られた時に死んでいればあずみに見限られる事もなかったろうに。次巻きらは新たな任務”伊達政宗討伐”に入る。2015/08/16

Hiroki Nishizumi

3
冷静なるあずみ。そして次の展開へ。2018/04/13

みみずばれ

3
偽聖人は悪意の固まりの割には薄っぺらかったが、理想に狂った善人の俊次郎が薬の力で霊感を得て幻の聴衆相手に一大演説を打つも聖人死亡の混乱の中で誰も耳を貸さず足を滑らせあっさり逝くというのは良かった。2015/07/02

読み人知らず

3
静音編終わる。最終的にはたくさんの血が流れたが生き残ってほしい人には生き残ってもらえたような。秀忠のところに顔を出し、もうこれ以上狙われることはないか?政宗とどうなっていくのか楽しみ2010/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555454

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。