ビッグコミックス オリジナル<br> 釣りバカ日誌番外編新入社員浜崎伝助 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス オリジナル
釣りバカ日誌番外編新入社員浜崎伝助 〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 20時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091860569
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

昭和サラリーマン讃歌。新入社員ハマちゃん

昭和40年代、ニッポンが高度経済成長でどんどん豊かになっていった時代。それは、ケイタイもパソコンもATMもない時代、営業サラリーマンはこんなにがむしゃらだった!ただ一名、新入社員ハマちゃんを除いて……
『釣りバカ日誌』のハマちゃんといえば、仕事も出世も二の次で、釣りと愛妻みち子さんに首ったけのイメージが強いと思います。しかしハマちゃんの新入社員時代は、まだ釣りに興味を示さず、将来の伴侶・みち子さんとは出会っているもののまだ恋に発展する気配すらない時代だったのです。
上司の佐々木係長に怒鳴られ、よく顔を合わせるが誰だか分からない老人(実は社長のスーさん)とのニアミス交流をしつつ、どのように釣りに、恋に目覚めるのでしょうか? そしてどんな永遠の平サラリーマンに成長するのでしょうか!?

【編集担当からのおすすめ情報】
昭和42年頃って、モノや生活スタイルや時間の流れがこんなにも違ったっけと思い出す。あなたは当時、どんな生活を送っていましたか?読めば周囲と当時のサラリーマン生活(学生生活)を語り合いたくなる懐かしさ満載のコミックです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かっぱ

32
昭和44年に釣りバカ日誌でお馴染みの浜ちゃんが新入社員として鈴木建設に入社。昭和46年生まれとしては浜ちゃんの新入社員時代の世の中の出来事は記憶にはありませんが、時代背景を知るのはおもしろい。会議でみんなが煙草を吸っていて会議室が煙草の煙で充満している状況など、いまでは考えられないけど、ちょっと前まではこれに近い状況が見られたようにも思えます。観光バスや新幹線などの公共交通機関などの手すりや背もたれなどには当たり前に灰皿が付いていたものです。昭和47年のミュンヘンオリンピックでは選手村をゲリラが襲撃!!2019/05/27

緋莢

15
昭和46年。中堅ゼネコン・鈴木建設に入社した浜崎伝助。お調子もので、仕事はあまり出来ないが、でも憎めない浜崎。様々な騒動を起こしたり、時には知らぬ間に騒動を解決していたり、そんな新入社員・浜崎の姿を書いた「釣りバカ日誌」番外編。2015/12/01

Motomi Kojima

10
ドラマは平成、携帯もあって、浜ちゃんも釣りをしてるけど漫画は昭和の僕が生まれる前の携帯もない日本が元気だったころ、浜ちゃんは釣りを知らない無趣味なサラリーマン。今のドラマに味付けをしたテレビ東京のスタッフは面白いなと思ってしまう。2015/11/03

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

8
なんだか雑誌の傾向なのか、島耕作のようにあらゆる年代を連載してキャラクターをしゃぶり尽くそうという編集者の方針なのか。どちらにしても、この新入社員はミチコさんにプロポーズしたところで最終回とみた。2014/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7949992

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。