ビッグコミックス<br> 築地魚河岸三代目 〈41〉

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックス
築地魚河岸三代目 〈41〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月27日 02時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ コミック判/ページ数 195p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091858603
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

築地がわかる!魚がわかる!人情がわかる!

東京・銀座の隣、築地。夢と人情と美味に彩られた”食のワンダーランド”築地魚河岸が存在するその場所に現れた一人の男。赤木旬太郎は元銀行マンだったが、恋愛結婚した妻の明日香が築地魚河岸の仲卸の一人娘だったことから、その三代目を継ぐこととなる。魚に関してはド素人の旬太郎の、築地での悪戦苦闘の日々が始まったが・・・!?

干物メーカー『干青』跡取りだったプライドから、「シラスは釜揚げに限る」と断言した若。江の島の名物・シラス丼を非難するなど、周囲の顰蹙を買ってしまう。その後、反省した若は拓也と春彦を連れて片瀬漁港のシラス漁を見学に行き、その奥の深さに驚嘆…!! その他、珍味のホテイウオやカメノテ、ホヤからアオリイカまで登場。魚介に詳しくなれる第41集!!


【編集担当からのおすすめ情報】
この作品は毎回、ユニークな魚、美味しい魚、珍しい魚、地方にしかいない魚が登場します。”食べて美味しい”の蘊蓄だけでなく、さまざまな魚介の習性などにも詳しくなれます。海が好きでしょうがない、魚が好きでしょうがないという方、ぜひご一読ください。

■第41集 知ってかシラスか…

(目次)
Fish1・・・我慢のホテイウオ
Fish2・・・ホッキのサクラ咲く!?
Fish3・・・カメノテの奥の手
Fish4・・・アオリイカの活かし方(前編)
Fish5・・・アオリイカの活かし方(後編)
Fish6・・・知ってかシラスか…(前編)
Fish7・・・知ってかシラスか…(後編)
Fish8・・・珍味とは何ぞや