Big comics special
水木しげる - ビッグ作家究極の短編集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091850768
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

ビッグコミック創刊45周年記念企画

1968年ビッグコミックは創刊45周年を迎えます。これを記念し、ビッグコミック創刊当時に作品をお寄せいただいた8人のビッグな作家が、60年末~70年初頭に生み出した大人向け作品の中から厳選した短編を作家ごとに集成しました。2013年1月「手塚治虫」と「水木しげる」の2冊を同時刊行。以下毎月1冊ずつ「藤子・F・不二雄」「白土三平」「藤子不二雄A」「楳図かずお」「石ノ森章太郎」「さいとう・たかを」と続きます。子供向けの娯楽からスタートして青年、大人にまで読者層を広げ、今や世界中で親しまれるマンガの魅力の原点がここに! 手塚治虫氏と同時刊行の第一弾は水木しげる氏。ファンタジー、社会風刺、エッセイ、時代劇など幅広く、しかもそのすべてにやるせないペーソスと突き抜けたユーモアが同居する独特の世界が広がる! ▼第1話/丸い輪▼第2話/宇宙虫▼第3話/島にて▼第4話/突撃!悪魔くん▼第5話/新講談 宮本武蔵▼第6話/テレビくん▼第7話/ベーレンホイターの女▼第8話/妖花アラウネ▼第9話/やまたのおろち

【編集担当からのおすすめ情報】
水木氏と手塚氏という対照的なふたつの天才からスタートするこの選集、作家それぞれ持ち味の違いが見所です。水木氏は手塚氏に匹敵するほど幅広いジャンルを手掛け、しかも何を描いても水木節とも言えるちょっと皮肉なユーモア感覚がにじみ出ています。これこそ濃厚な珍味にも似た、大人の楽しみ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしだ

2
ビックコミック創刊45周年記念の「ビック作家 究極の短編集」シリーズ第2集が水木しげる御大。水木しげるの作品を初めて読む人にオススメだと思う。「テレビくん」や「宇宙虫」が載っているのが個人的に嬉しい。巻末の水木御大による自身の作品解説も本書の魅力のひとつ。2013/03/12

大臣ぐサン

1
「究極の」を謳うには些か物足りないが、どれもこれも読み応えは抜群。小さい頃に読んだ『やまたのおろち』は怖かったなぁ。講談社児童まんが賞受賞作の『テレビくん』も読める、ビギナー向けにもお得な1冊。2013/02/02

MK

0
テレビくんと宇宙虫が好きだなあ。丸い輪の世界も何度か読んで覚えてる。水木氏曰く、漫画は娯楽性と読み応えを兼ね備えたものでなければならない。その通りだと思います‼︎2014/11/18

kujira

0
多分そんなに有名でない作品ばかりの短編集。……なのかな。水木しげるは実はそんなに読んだ事ないからあまり自信がない。でもなんていうか、テイストが独特で全体に流れる空気感が一定。ひどいオチでも怖いオチでもほのぼのオチでも、その空気感は変わらなくてなんかそれがホッとする。2014/03/21

寝台あるていん

0
テレビくんについつい釣られて。充実してました。2013/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5756596

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。