フラワーコミックスαフラワーズ<br> とりかえ・ばや 〈7〉

個数:
電子版価格 ¥462
  • 電書あり

フラワーコミックスαフラワーズ
とりかえ・ばや 〈7〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 06時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 184p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091374325
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

男女×逆転物語、ついにとりかえの時―!!

男らしく、若君として育った姫・沙羅と
女らしく、姫君として育った若君・睡蓮。

性を取り替えて生きていた二人が、
幾多の運命を乗り越え、ついにその身を取り替える――!!
しかし、そんな二人を都で待ち受けていたものは…!?

転換の第7巻!!

【編集担当からのおすすめ情報】
異なる性を生きていた沙羅と睡蓮が、
ついに生まれながらの性に戻る決意をします。

しかし、身を取り替えただけでは本当の「とりかえ」にはなりません。
新しい性を生きる二人が越えなければならないものとは…!?

新展開で益々盛り上がる「とりかえ・ばや」第7巻、
どうぞお楽しみください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ももたろう

82
吉野の君の色気にどきどきしました(*^^*)帝の位争い、妃争いで傷ついた経験と苦悩がこの色気を生んだのか。石蕗はしょーもないんだけど憎めない。自分の気持ちに素直過ぎるところが純粋で子どもみたいな人。平安の壁ドンナイスでした!東宮サマ笑顔がまた見られてよかったです。かわいいです!吉野の君や、睡蓮との歌のやりとり、鳥獣戯画に例えた想像、双樹の笑顔に惹かれる所など…情の深さ、孤独、悩み、ユーモア…主上の人間的な魅力が描かれていてよかったです。どんなことでも権力争いに利用するしたたかさがみんなすごいと思いました。2015/07/30

wata

58
元の性に戻ってお互いの苦悩を語り合えるように。周りに気付かれないよう気を遣うのも大変そう。三の姫、なかなか裏のありそうで、めんどくさい感じが…(^^;2015/10/17

くりり

56
沙羅と睡蓮、表を入れ替えて元の性になった辺りで終わるかと思えば、まだまだ続く。女東宮や帝を巡って、どろどろ...ってならなきゃ良いが...。2015/10/14

パンジャビ

45
2人が入れ替わった後の話は、さいとうセンセがどのようにアレンジして描くのか、ドキドキしてる。原作通りに行かれると、私は多分睡蓮が嫌いになる(笑)女東宮に報われて欲しいんだよな。あと、沙羅もせっかく女として戻ったんだから、主上とうまく行って欲しい。その描写をどう描かれるのか…しかし、三の姫って原作にもいたっけ?全く記憶に無いな。反対に吉野の姫様達は出てこないことになるのかな?(だとしたら安堵)相変わらず綺麗な絵柄が、物語とベストマッチで読むだけでなく、見ていて楽しい。2015/08/08

まりもん

36
レンタル。遂に本当の性別での出仕。お互いの情報を交換し、主上と東宮の為に頑張るけれど恋の方はどうなっていくのかな。2015/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9761210

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。