少年サンデーコミックス<br> うえきの法則 〈2〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
うえきの法則 〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091263421
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

自分勝手な神様たちの気まぐれから“ゴミを木にする能力”を与えられた中学生・植木耕介が、同じように色々な能力を授かった者たちと闘うアクション・コメディー。

▼第9話/佐野清一郎という男▼第10話/怒る理由▼第11話/ライバル誕生▼第12話/植木の法則▼第13話/世界を託す戦い(バトル)▼第14話/体術の男・李崩(りほう)▼第15話/能力(ちから)を使わぬ理由(わけ)▼第16話/能力(ちから)を越えた戦い▼第17話/嘘付きHH(ヒップホッパー),B・J(ビー ジェイ)▼第18話/こいつがロベルト●主な登場人物/植木耕介(火野国中学1年生。自分でゴミと認識した物を木に変える能力をコバセンによって与えられた)、森あい(植木のクラスメイト。植木の能力に興味を持ち、彼の“才〔ざい〕”を守ろうとする)、小林先生(火野国中の教師だが、実は百人いる次期神候補の一人。植木に能力を与え、自分が次の神になろうと企む。通称・コバセン)●あらすじ/平と対決中の植木。平はかなりの力を持つ能力者であるうえ、神候補・ラファティが手助けをする反則技を使ってきた。卑怯な戦いぶりに怒った佐野が助けに入るが、平とラファティは、さらなる反則技で佐野を金縛りにしてしまう。絶体絶命のふたり。佐野は植木をかばって、平の放った炎弾の前に立ちふさがるが…?(第9話)●本巻の特徴/平を倒したのも束の間、植木の前には次々と能力者たちが