少年サンデーコミックス<br> KATSU! 〈7〉

  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
KATSU! 〈7〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 183p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091263070
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

ふとしたことからボクシングを始めることになった里山活樹と、天性のボクシングテクニックを持つ女の子・水谷香月が繰り広げる、熱血!? 青春ボクシングストーリー。

▼第59話/食うか食われるか▼第60話/本当の!?▼第61話/運も実力!?▼第62話/左の秘策▼第63話/始めるよ▼第64話/負けたのかい?▼第65話/三者三様▼第66話/見学だけ?▼第67話/見学特典▼第68話/ハンデ●主な登場人物/里山活樹(早とちりからボクシングを始めることになった、光葉高校1年生)、水谷香月(活樹のクラスメイト。天才的なボクシングセンスを持っているが、自身はボクシングが大嫌い)、紀本高道(香月の幼なじみ。全国的に有名な浅倉高校ボクシング部に所属する1年生)、里山八五郎(活樹の父。かつては「ラビット坂口」というプロボクサーだった。現在は光葉高・大島校長の強引な勧誘により、新ボクシング部のコーチに)●あらすじ/キャリアはまだほとんどないのに、いきなり紀本と練習試合をすることになった活樹。紀本の圧勝かと思われたが、先にダウンを奪ったのは意外にも活樹の方だった。紀本が得意とする視界の外側から飛んでくる左フックを、活樹が逆に決めたのだ。そして活樹優勢のまま、第1ラウンド終了のゴングが鳴る(第59話)。●本巻の特徴/香月に頼まれ、一日デートを条件に武器の左を封印した紀本は苦戦。活樹と、ハンディを背負った紀本の互角の勝負は続く