少年サンデーコミックス<br> 365歩のユウキ!!! 〈4〉

  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
365歩のユウキ!!! 〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 1冊/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091261373
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

いじめられっ子のユウキは、ふとしたきっかけで武闘集団・将棋部に入部。将棋の面白さを知り、自分を変えていく。ハイテンション将棋コミックス!

▼第27話/もう一人の多賀城▼第28話/本能の手▼第29話/絶対無敵の最強棋士▼第30話/家族の肖像・1▼第31話/家族の肖像・2▼第32話/浅草二中の5人▼第33話/大荒れの一回戦▼第34話/入船の誤算▼第35話/首の皮▼第36話/未来への第一歩●主な登場人物/紬勇気(つむぎ・ゆうき。浅草二中の1年生。逃げ足だけは天下一品のいじめられっ子だったが、コテコテの武闘集団である将棋部に入り自己変革中)、森田みもり(1年生にして浅草二中将棋部の部長。かわいい顔をしながらも話す言葉はチャキチャキの江戸っ子で、将棋もケンカも強い、下町の女番長)●あらすじ/中学将棋名人戦に出場中のユウキ。決勝トーナメント進出を賭けた3戦目の相手は、多賀城一輝だ。彼は、自ら開発した自力思考型将棋コンピュータ“PC竜王(キングドラゴン)”を操る理論派。完璧な将棋をする多賀城に対し、ユウキはたった一度のミスから劣勢に追い込まれ、指し手を乱してしまう。ところがその指し手がコンピュータを狂わせ、PC竜王は「理解不能」という表示を…(第27話)。●本巻の特徴/ユウキの負けたくないという本能の前に、多賀城のコンピュータはオーバーヒート。ユウキは気迫で決勝トーナメント進出を