ジャンプコミックス<br> 吾峠呼世晴短編集

個数:
電子版価格 ¥459
  • 電書あり

ジャンプコミックス
吾峠呼世晴短編集

  • ウェブストアに248冊在庫がございます。(2021年10月20日 06時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088820842
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

123
読み切り四作品を収録の短編集。「過狩り狩り」は漫画賞応募作品で、著者が言うようにちょっとわかりにくい。漫画で担当のアドバイスってやっぱり重要なんだね。これが「鬼滅の刃」のベースだそうで興味深く読んだ。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蠅庭のジグザグ」の3篇はいずれも退魔師的な主人公が魔を祓うため闘う話のヴァリエーション。当時、著者はこのテーマで連載に持っていこうと苦闘してたんでしょうか?どれも連作の第1話を読んだような感じがする。それぞれに続きを読んでみたい。粗削りで洗練されてないが、光るセンスは垣間見える。2020/01/16

グレ

73
①珠世と愈史郎は変わらんが、衝撃の鬼ブス痔無惨に驚く«鬼滅の刃»のプロトタイプ・過狩り狩り、②殺し屋一家の弟が那田蜘蛛山の父蜘蛛に脱皮・変身する実弥な文殊史郎兄弟、③美しき黒髪に執着して美少女達を監禁さすなど、どこからともなく現れては人に取り憑いて斯様な狂気に走らせる不可視の“邪氣”なる物を祓う消防士の肋骨さん、④連続首吊り士の正体と自死に誘うからくりとは…の蠅庭のジグザグの読み切り4編を収録。基本的にそれぞれ独立した話ながら似た雰囲気の世界観で、特にキャラデザインなど鬼滅ファンなら思わずニヤリ間違いなし2020/04/08

たいぱぱ

59
吾峠さんが『鬼滅の刃』を連載するまでの短編集。『鬼滅の刃』連載に当たり、主人公を本作に収録されてる「過狩り狩り」の脇役にするよう担当者からアドバイスがあったと聞いた事があったため読みたくなりました。結局、炭治郎のシーンはありませんでしたが、珠世さん、愈史郎は顔も名前もそのままですね。無惨も出てました。絵は上手いんですが、どこか緻密さが足りず素人臭さを4編全てに感じます。それでもこれらをMIXさせて鬼滅まで昇華させたんだと思うと感慨深いものがありました。2021/01/01

眠る山猫屋

54
『鬼滅の刃』以前の作品集ながら、どの物語も連載で読んでみたいと思った。まぁ連載を想定したプロトタイプ、と作者さんも語られているようだし。鬼滅が終了しても次が期待できるという事か。四作品とも甲乙付け難いが、あえて好みを選ぶなら、やっぱり『文殊史郎兄弟』かな? 2019/11/23

☆よいこ

50
[過狩り狩り]珠代と愈史郎[文殊史郎兄弟]脱皮[肋骨さん]髪[蠅庭のジグザグ]言霊の呪い▽トレジャー佳作作品以外は週ジャンで既読。カバー下おまけは文殊史郎馬畝と肋骨さんの絡み、カッパはカメムシのにおい…w。文珠史郎一族のお母様、綺輪子(天才ハッカー)が気になりすぎる。設定はかなり作りこんであるので是非見てみたい。2020/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14359936

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。