ジャンプコミックス SQ.<br> あだしもの 〈2〉

電子版価格 ¥457
  • 電書あり

ジャンプコミックス SQ.
あだしもの 〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088705699
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

怪異現象調査部の活動が板についてきた灰塚孝はある日、獣の怪異に襲われる。その後、何故か初対面の同級生・古賀に目をつけられて…!? 新しい出会いは孝に何をもたらすのか。妖しくも優しい物語、第2巻――!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっちゃん

27
新たに登場人物も増えてきて、怪異調査の内容も面白くなってきてます。犬神の話は真面目に泣きました。辛い…。すごい可愛かったこともあって、精神的ダメージが大きかったです。考の表情も切ないですね。しかしそんなシリアスとは裏腹に、最後の四コマが面白かったです(笑)2014/03/19

しまふくろう

11
続けて購入。相変わらず見た目が可愛いけれど少年漫画のヒロインっぽくない小町が大変良い。 物語は新しい部員の登場といくつかの事件の話。九鬼はちゃんと報酬をあげないと駄目じゃなかろうか。2019/05/24

じょり

10
おとろしの気持ちを考えると切ないな。それを考えると協力できる人間って素晴らしい。 狐の嫁入りで花嫁衣装まとった小町が結構乙女だったのに、男性陣鈍いよ。それはいかんよ。 犬神の話も切なかった。動物はちゃんと最後まで面倒みてほしいよ。 酔っ払いながら読んだおかげで泣きまくってしまった(^_^;)2012/10/08

真空 京

9
見た目は怖いけど実は優しくて真面目な古賀君登場。性格といい能力といい好みなので嬉しいです。孝、小町、古賀君の3人のやりとりも楽しい。設定的にというか話としては竜ヶ峰さん再登場の「第5話 人呑みの祠」が日常と非日常の間の怪奇という感じで好きでした。そして「第7話 ちいさな家族」に号泣。かわいそうで切なくて読み返すたび涙がでて、思わず自分の家の猫をぎゅーっと抱きしめたらうざがられました。悲しいお話でした。次巻も買おうと思います。2012/12/30

紅羽

7
二巻目が出ていたとは。店頭で見かけるまで知りませんでした(笑)今回は新しい仲間、古賀くんが登場。強面でありながら、中身はとても善人なんですね。灰塚くんにお詫びのジュースを律儀に選んでいる姿が中々可愛いかと…(笑)六話と七話の動物絡みのお話がとても良かったです。特に七話はラストに涙腺緩みました。2013/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5351994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。