ジャンプコミックス<br> ONE PIECE 〈巻63〉 オトヒメとタイガー

個数:
電子版価格 ¥459
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ジャンプコミックス
ONE PIECE 〈巻63〉 オトヒメとタイガー

  • 尾田栄一郎
  • 価格 ¥484(本体¥440)
  • 集英社(2011/08発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 8pt
  • ウェブストアに119冊在庫がございます。(2021年10月28日 00時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 212p
  • 商品コード 9784088702704
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

ルフィと共に、遂に硬殻塔を出たしらほし姫は、二人で“海の森"を目指す。そこで、ジンベエと会うが、彼から語られた魚人島に深く根付いた悲しき歴史とは!? “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

209
アーロンの過去から魚人と人間の対立が根深いものだとおもった。それにしてもしらほしが可愛い2014/06/22

エンブレムT

164
麦わらの一味がそれぞれ別行動をしたまま同時に物語が展開し、更に魚人島の歴史の核でもあるオトヒメとタイガーの回想シーンへ突入。優しくも哀しみに満ちた物語は読み応えがあるのですが・・・。うぅ、ごめん。この膨大な情報量は、私のキャパを超えてるよぅ~。とりあえず、しらほしちゃんが物語の鍵を握ってるってのがわかってれば良い?繰り返し読むべき?・・・それにしても庇護欲をかりたてられる女の子です。ハンコックとは真逆の魅力ですよね~♪で、彼女のその大きさに「物語でルフィの恋愛は描かない」という作者のポリシーを感じました。2011/12/25

Masako Karasawa

119
アーロンがここで出て来るとゎ…まさかの展開☆泣けるなぁー(☍﹏⁰)

まっきー

111
サンジおめでとう。オトヒメとタイガーはすごい人ですね。ワンピースはやっぱり面白いです。過去編では泣けるし扉絵やSBSでは驚かされるし・・あ、そういえばマキノ子供・・だれがお父さんなんでしょう。気になる・・。あの人って誰・・・。2011/08/05

kanon

106
正直なところ過去話は微妙だったなあ~。だってこれ、ようするに魚人たちが落ちぶれていく話だよね?そりゃあジンベエみたいな人もいるけどさ。あとなんというか・・・。オトヒメ様にあまり共感できなかった。もっとルフィたちと絡んで、このイメージが共感できるところまでいけるといいな。ここまで、批判てきなことを書いてきたけど、面白いことは面白い。一気読みしたからw一気読みしたってことは漫画の世界に入り込んでしまったということで、つまり、凄く面白い!ということです。ただいつもよりは・・・ってだけですね。しらほし姫可愛いっ!2011/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3351502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。