黒川能―1964年、黒川村の記憶

個数:
  • ポイントキャンペーン

黒川能―1964年、黒川村の記憶

  • 船曳 由美【著】
  • 価格 ¥3,960(本体¥3,600)
  • 集英社(2020/01発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 72pt
  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年04月09日 16時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784087890136
  • NDC分類 386.8
  • Cコード C0074

内容説明

半世紀前の庄内に、理想郷はあった。月山の麓に500年以上続く悠久の王祇祭。黒川村の内側から哀惜こめて描き上げた、女性編集者による感動の記録。

目次

1964年東京オリンピックの年、黒川能に出会う
十一月、黒川村を訪ねる
十二月から1965年のお正月を迎える
王祇祭まで一か月、一月三日の「興行」
一月十七日、春日神社の「十七夜祭」
豆腐炙りと子供たちの能の稽古
榊屋敷の神事・原初の風景
振舞の準備が進み、当屋は神宿に整えられていく
二月一日、王祇様が春日神社から雪道を当屋に降る
稚児の「大地踏」、翁の「式三番」
「暁の使い」登場、明け方まで演能はつづく
王祇祭二日目、王祇様が春日神社へ還る
若者たちの尋常事の熱狂が祭りを盛り上げる
二月四日「解行」、王祇祭は終わり、そしてまたはじまる
黒川にめぐる季節・冬から春へ
黒川にめぐる季節・春
黒川にめぐる季節・春から夏へ
黒川にめぐる季節・秋
黒川人の一生を想う

著者等紹介

船曳由美[フナビキユミ]
東京都出身。1962年東京大学文学部社会学科卒業。平凡社入社。雑誌「太陽」に創刊時より関わり、全国各地の民俗、祭礼、伝統行事を取材、後に単行本にする。85年平凡社退社。86年集英社入社。99年、定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

月山の麓で500年以上続いてきた農民たちの秘祭を、初めて村の内側から描いた貴重な記録。黒川能に関する決定版ともいうべき一冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件