女がそんなことで喜ぶと思うなよ―愚男愚女愛憎世間今昔絵巻

個数:

女がそんなことで喜ぶと思うなよ―愚男愚女愛憎世間今昔絵巻

  • ウェブストアに73冊在庫がございます。(2019年06月20日 14時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087880113
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

メディアで引っ張りだこの文筆家・鈴木涼美の現代男女世相論。

目次

第1章 恋愛とか結婚とか不倫とか(30歳の誕生日―すべて失う5秒前;未知なる女の持ち物事情―小さい財布みぃつけた;男にとっての妻と愛人―渡米か不倫か ほか)
第2章 社会とかフェミニズムとかハラスメントとか(セクハラ問題―いやよダメよがお好きでしょ?;間違いだらけのフェミニズム―その男、リベラルにつき;平成最後のパワハラ判定―逃げるは恥だし角が立つ ほか)
第3章 男とかおじさんとかあなたとか(おじいさんによる「おばさん」ディス―女の子はいつでもミニ年増;買春大好き日本―「シロウト」女、上から見るか下から見るか;男と女、それぞれの成功論―あの鼻を折らすのはあなた ほか)

著者等紹介

鈴木涼美[スズキスズミ]
1983年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院学術情報学府の修士課程を修了。大学在学中に横浜や新宿のキャバクラ嬢として働き、20歳でAVデビュー。院卒業後、2009年に日本経済新聞社に入社し、都庁記者クラブ、総務省記者クラブなどに配属され、地方行政の取材などを担当したのち、2014年に退社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「女は30歳くらいからがいいんだよ」などとしたり顔でいうおじさんに「何妥協した気になってるんだ、30歳女がそんなことで喜ぶと思うなよ」と返す、元AV女優で社会学者の鈴木涼美がまとめる男女の最前線。