空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?―ドローンを制する者は、世界を制す

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?―ドローンを制する者は、世界を制す

  • 高城 剛【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 集英社(2016/03発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 23時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860627
  • NDC分類 538.6

内容説明

5年後、ドローンは日常生活の一部になる。なぜ日本から世界に通用するドローンができないのか?覇権を握るのはどの国か?米中仏の狭間で、日本の選ぶべき道は?アメリカ3Dロボティクス、中国DJI、フランスパロット、世界3大メーカー経営トップに、現地インタビュー取材!

目次

第1章 ドローンの現状(ドローンとは何なのか?;10年前、現在のスマートフォンの普及を予測した人はどれだけいた? ほか)
第2章 ドローンと世界3大メーカー(クリス・アンダーソンという人物;アメリカ・3Dロボティクスの挑戦 ほか)
第3章 ドローンと日本(日本におけるドローン法制の整備;ドローン特区は日本で実現するのか? ほか)
第4章 ドローンの未来(ドローン革命の日まで、あと5年?;現実世界のサーチエンジン。ドローンで変わるのはどんな業界か? ほか)

著者紹介

高城剛[タカシロツヨシ]
1964年東京都葛飾区柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

凄まじい速度で進化するドローンは、まさに空飛ぶロボット。ドローンを制する者は、世界のビジネスも制覇できる。近い将来、日常生活にも不可欠な存在となるだろうドローンの世界を、高城剛が徹底解説。