天草エアラインの奇跡。―赤字企業を5年連続の黒字にさせた変革力!

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

天草エアラインの奇跡。―赤字企業を5年連続の黒字にさせた変革力!

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860603
  • NDC分類 687.067

内容説明

なぜ倒産寸前だった日本一小さい航空会社が地方再生の原動力になるまでに復活したのか!?新社長の言葉がたった一機の飛行機のもと社員を一つにつなげていった!

目次

序章 新たなるイルカの翼
第1章 離陸3年目で経営の危機―2000~2009年・常態化した赤字経営
第2章 新社長、天草エアラインを変える―2009年~・「社長室はいりません。いますぐ壁を壊してください」
第3章 たった1機の飛行機が人々をつないでいく―2009年~・パイロットやCA、営業…社員たちに起きた意識の変化
第4章 社外からも強力なサポーターが―2011年~・小山薫堂とパラダイス山元の登場
第5章 「旅の目的は天草エアラインに乗ること!」―2013年~・単なる移動手段ではない“観光エアライン”という新しい形
第6章 次世代へ天草エアラインをつなぐために…―2014年・「社長は引き際のタイミングも重要だと思っている」
第7章 奥島が天草エアラインに残したもの―2014~2016年・ついに新型機ATRが天草の空に
終章 今日もイルカは天草の空を飛ぶ

著者紹介

鳥海高太朗[トリウミコウタロウ]
航空・旅行アナリスト。帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。1978年、千葉県生まれ。成城大学経済学部経営学科卒業、城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科修了。食品会社勤務、城西国際大学観光学部助手を経て、2013年より帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。航空会社のマーケティング戦略を主研究に、インターネットでの航空券および宿泊の予約サイトに関する調査、LCC(格安航空会社)のビジネスモデルの研究を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

たった一機の飛行機しかない熊本の天草エアラインは2000年の運行開始から赤字が続いていた。しかし2009年、新社長の就任で会社の空気が一変する。彼らが黒字への奇跡のV字回復を達成した秘密とは?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件