売らずに売る技術―高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

売らずに売る技術―高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 19時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860573
  • NDC分類 675

内容説明

モノが売れない、広告も効かない、ネット口コミの悪評は広がる。値引き競争では消耗していくばかり。そんな時代に、モノを売る企業が生き残るためのビジネスの知恵はラグジュアリーブランドに学べ!

目次

Prologue スマートフォンとソーシャルメディアの組み合わせは最悪だ
1 なぜメルセデスはエンジン工場をネット公開したのか
2 デジタルネイティブ世代をのめりこませるには
3 ネット口コミの悪評とどう向き合っていくのか
4 人々がブランドに求めるのは「お買い得」か「信頼」か
5 ブランドが売るのは「モノ」ではない
6 「若者の車離れ」をあきらめないために
7 未来の消費者はリアル店舗に何を求めるのか
Epilogue ラグジュアリーブランディングとはお金持ちだけの話ではない

著者紹介

小山田裕哉[オヤマダユウヤ]
ライター・編集者。1984年生まれ。岩手県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、映画業界、イベント業などの職種を経て、フリーランスのライターとして執筆活動を始める。扱うジャンルは幅広く、ビジネス・カルチャー・ファッション・広告・時事問題など、「アイドルからラグジュアリーブランドまで」をテーマに、さまざまな媒体で執筆・編集活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ソーシャルメディアの広まりにより、企業が広告で「売ろうとして売る」ことが難しくなった時代の「売る」技術はラグジュアリーブランドに学べ! 最新事例満載でビジネスのヒントが見つかる一冊!