戦国時代の組織戦略

個数:
  • ポイントキャンペーン

戦国時代の組織戦略

  • 堺屋 太一【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 集英社(2014/06発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 11時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860474
  • NDC分類 210.47

内容説明

乱世を制したのは「組織戦略」だった!堺屋太一の「歴史を活かす」鋭い分析とビジネス論。

目次

第1章 戦国時代はどんな時代だったのか
第2章 織田信長 独創の技術・組織革命
第3章 戦国時代の組織改革
第4章 豊臣秀吉 天下統一の組織と補佐役
第5章 黒田官兵衛 乱世の名参謀
あとがき 歴史学の空白「組織論」

著者紹介

堺屋太一[サカイヤタイチ]
昭和10年(1935)大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。日本万国博覧会などを担当して成功に導いた。昭和53年(1978)退官し、作家活動を開始。平成10年(1998)から小渕・森内閣で経済企画庁長官。現在、内閣官房参与、大阪府・市特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歴史は教訓の宝庫。集団活動の視点で捉えれば、組織に生きるビジネスマンの指針となる。基礎教養としておさえるべき戦国時代のポイントをまとめ、信長、秀吉、黒田官兵衛ほか組織図・関係図と世界年表を加える。