世渡り 万(よろづ)の智慧袋―江戸のビジネス書が教える仕事の基本

個数:
電子版価格 ¥1,007
  • 電書あり

世渡り 万(よろづ)の智慧袋―江戸のビジネス書が教える仕事の基本

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087860108
  • NDC分類 913.52
  • Cコード C0036

内容説明

ヒット続出の敏腕プロデューサーだった井原西鶴が遺した、今の時代にこそ身につけたい「まっとうな働き方」指南。

目次

第1章 ゼロからはじめる「始末」のビジネス(浪風静かに神通丸『日本永代蔵』巻一―人が捨てるものを大事にするのが基本;煎じやう常とはかはる問薬『日本永代蔵』巻三―金持ちになる処方箋があった! ほか)
第2章 工夫と知恵と才覚を発揮する(昔は掛算今は当座銀『日本永代蔵』巻一―プライドを捨てて現実に直面する;舟人馬方鐙屋の庭『日本永代蔵』巻二―情報獲得には速度が、組織継続には危機感が大切 ほか)
第3章 仕事は手段を選ぶ(茶の十徳も一度に皆『日本永代蔵』巻四―偽装に手を染めた利助の恐ろしい末路;奈良の庭竃『世間胸算用』巻四―蛸売り八助、詐欺商法の結末 ほか)
第4章 どん底からの再出発(心を畳込む古筆屏風『日本永代蔵』巻四―あきらめないから発見がある;祈る印の神の折敷『日本永代蔵』巻四―自前で生きて、人を育てる ほか)

著者紹介

田中優子[タナカユウコ]
江戸文化研究者。1952年横浜生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科教授・法政大学国際日本学インスティテュート(大学院)教授。専門は日本近世文化・アジア比較文化。研究範囲は江戸時代の美術、生活文化、貿易、経済、東アジアと江戸の交流・比較研究、布や生活文化を中心にしたインド・東南アジアと江戸の交流・比較研究、江戸時代の価値観から見た現代社会の問題など多岐にわたる。2005年度紫綬褒章受章。著書『江戸の想像力』(筑摩書房、1986年度藝術選奨文部大臣新人賞)、『江戸百夢』(朝日新聞社、2000年度藝術選奨文部科学大臣賞・2001年度サントリー学芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

江戸時代に大ヒットした元祖ビジネス書解読!
知恵と才覚で元禄時代に一世風靡した井原西鶴。その浮世草子『日本永代蔵』『世間胸算用』『万の文反故(ふみほうぐ)』は元祖ビジネス書である。仕事人の心得やヒット企画の着眼点など今に通じる「基本」を解読。