定年女子―これからの仕事、生活、やりたいこと

個数:

定年女子―これからの仕事、生活、やりたいこと

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815597
  • NDC分類 366.38

内容説明

定年退職する女性、毎年約10万人!60代はパワーと経験がある。小さく畳むのは、まだ早い。これからの15年を、悔いなく楽しむための体験談と知恵。

目次

1 60代にも、働くチャンスは必ずある(定年後も働き続ける女性たち;自分で新たな仕事を探す方法;会社員人生の後半に直面する2つの流れ;女性の定年は、男性の定年とどう違うのか)
2 仕事をしない生活を楽しむ知恵(やりたいことを自由にやる女性たち;「健康的」「人間らしく」がリタイア後のキーワード;新しい生活に向けて押さえておくべきこと;社会現象としてのリタイア女性たち)

著者紹介

岸本裕紀子[キシモトユキコ]
1953年、東京生まれ。エッセイスト。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、集英社「non・no」編集部勤務。その後渡米しニューヨークに滞在。私立ニューヨーク大学行政大学院修士課程修了。帰国後、文筆活動を開始。女性の人生を扱うエッセイの他に、政治・社会評論も手がける。日本大学法学部非常勤講師、ビックカメラ社外役員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「定年」で会社を辞める女性、毎年約10万人。まだ老後には早すぎる活動的な60代は、何をしたいのか、どう動くのか。様々な女性の証言から見えてきた、その後を切り開く知恵とパワー。