0葬―あっさり死ぬ

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

0葬―あっさり死ぬ

  • 島田 裕巳【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 集英社(2014/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 14時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815320
  • NDC分類 385.6

内容説明

時代は、マイ自然葬、そして究極の0葬へ。「葬式も墓も要らない」という人のための、迷惑をかけない死に方入門!死者数年間160万人時代、到来。自然葬(散骨)を超えた「0(ゼロ)葬」で、悩める日本人の“死後の不安”を解消。

目次

第1章 人を葬ることは相当に面倒である
第2章 なぜ葬儀や墓はこんなにも厄介になったのか
第3章 生老病死につけこむ資本の論理
第4章 死者が増えるから葬儀で儲けようとする人々が次々とあらわれる
第5章 世間体を気にするがゆえに資本の論理につけこまれる
第6章 仏教式の葬儀は本当に必要なのか
第7章 マイ自然葬、そして究極の0葬へ
第8章 人は死ねばゴミになる

著者紹介

島田裕巳[シマダヒロミ]
宗教学者・葬送の自由をすすめる会会長。1953年生まれ。東京都出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了(宗教学専攻)。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、同客員研究員などを歴任。現在は東京女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自然葬を推進する「葬送の自由をすすめる会」の会長を務める著者が、あっさり死ぬための「0(ゼロ)葬」を提唱。「葬式も墓も要らない」という人のための“最新"死に方入門。“死後の不安"はこれで一挙解決!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件