デフレ脳からインフレ脳へ―経済大転換!貯蓄貧乏から脱出せよ!!

個数:
  • ポイントキャンペーン

デフレ脳からインフレ脳へ―経済大転換!貯蓄貧乏から脱出せよ!!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087815283
  • NDC分類 332.107

目次

第1章 デフレ脱却こそが「アベノミクス」の意義(デフレ時代、日本はいびつな再分配国家になってしまった;人々のマインドを変え、「予想インフレ率」を高めれば、お金は回りだす ほか)
第2章 「アベノミクス」に死角はないのか?(予想インフレ率を上げれば、デフレは脱却できるのか?;量的緩和に反論、インフレもデフレも「結果」にすぎない ほか)
第3章 インフレ予想で日本経済の何が変わるのか?(伝説のディーラーもトレンド変換を予想;実質金利の反転を見越した結果円安・株高に変化した ほか)
第4章 インフレ時代、自分の資産運用をどう変えていくべきか(「何も運用しない派」が「負け組」になる時代に;「世代別」にアベノミクスにおける資産運用を考える ほか)
第5章 為替、株、金、マーケット別投資のヒントと考え方(大転換はすでに訪れた。早く気づいた者の勝ち;この相場は長い、40年以上続いたドル安の大転換になる ほか)

著者紹介

鈴木ともみ[スズキトモミ]
経済キャスター、ファイナンシャルプランナー、FP技能士。東証アローズからの生放送、地上波初の株式市況中継番組『東京マーケットワイド』(東京MX・三重テレビ・ストックボイス)のキャスター。中央大学経済学部国際経済学科を卒業後、日本短波放送(現日経ラジオ社)に入社。1996年より経済番組ディレクター(民間放送連盟賞受賞番組を担当)、記者を務めた他、映画情報番組のディレクター、パーソナリティを担当後、経済キャスターとして独立。企業経営者、マーケット関係者、ハリウッドスターをはじめとする映画俳優、監督などへの取材は2000人を超える。現在、テレビやラジオへの出演、雑誌やWebサイトでの連載執筆の他、大学講師や日本FP協会認定継続教育講座にてゲストスピーカーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アベノミクスによる経済の大転換! リスクオン経済下では、従来の貯蓄脳でいると、資産が目減りしていく? インフレ社会への転換の仕組みから個人資産の守り方まで、初心者にもわかりやすく解説!