領土問題、私はこう考える!―孫崎享、山田吉彦、鈴木宗男ほか識者たちの提言

電子版価格 ¥1,028
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

領土問題、私はこう考える!―孫崎享、山田吉彦、鈴木宗男ほか識者たちの提言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815160
  • NDC分類 329.23

内容説明

日本の領土と国益を守るために、どうすべきか。12人の識者による提言の書。

目次

孫崎享「領土問題で紛争をするのはバカバカしい」
山田吉彦「日本政府は領土問題解決のためにその『活用法』を考え、国際社会を味方につけよ」
鈴木宗男「今、北方領土問題解決に絶好のチャンスが来ている」
一色正春(sengoku38)「日本という国は、これからも国民にウソをつき続けるのか」
日本青年社「灯台の整備をすることで、日本国家だけでなく、世界に貢献できたと思っている」
石平「“すべてが中国である”という「中華思想」は、中国人以外誰も理解できない」
伊藤祐靖「尖閣の絶景の場所に日の丸を揚げ、海保の制服組に「国民による強い意志」の存在を伝えたかった」
仲間均「日本人の生活の跡を中国人に見せる尖閣諸島ツアーをやりたい」
中村繁夫「日中貿易が止まれば、困るのは中国。中国に『ウチだけバカをやっていたら、世界から笑われる』と気づかせよう」
山本皓一「竹島の実効支配の変貌ぶりを見よ。やった韓国、やるもやったり。そして日本は無策すぎた」
小田嶋隆「『弱腰』は悪くない。『金持ちケンカせず』でいいじゃないか」
小川岩夫「韓国に7ヵ月半抑留。奴隷になったような体験だった」

著者紹介

畠山理仁[ハタケヤマミチヨシ]
1973年生まれ。愛知県出身。早稲田大学第一文学部除籍。フリーランスとして政治、社会問題を中心に取材。自由報道協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

領土問題の解決法を語ったインタビュー集
孫崎享、山田吉彦、鈴木宗男、一色正春(sengoku38)、日本青年社、石平、伊藤祐靖、中村繁夫、山本皓一、小田嶋隆ら、有識者12人が、日本の領土問題の解決法を語り尽くす。