名画が愛した女たち―画家とモデルの物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

名画が愛した女たち―画家とモデルの物語

  • 木島 俊介【著】
  • 価格 ¥2,376(本体¥2,200)
  • 集英社(2012/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 44pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087814873
  • NDC分類 723.05

内容説明

ダ・ヴィンチ、ティツィアーノら巨匠が魅せられた女性たち。名もなきがゆえに生き続けた肖像画のなかの美しき人!あなたが知りたいのは誰。

目次

聖母モデルの誘拐―フラ・フィリッポ・リッピとルクレツィア
傭兵隊長の賢夫人―ピエロ・デラ・フランチェスカとバッティスタ・スフォルツァ
悲劇のヒロインか?理想の美女か?―ボッティチェリとシモネッタ・ヴェスプッチ
美女没後の肖像―ドメニコ・ギルランダイオとジョヴァンナ・トルナブオーニ
肖像画の謎は解明されたか?―レオナルド・ダ・ヴィンチとモナ・リザ
真作か?手のこんだ贋作か?―レオナルド・ダ・ヴィンチと「美しき姫君」
現実か?寓意か?―ピエロ・ディ・コジモとシモネッタ#ヴェスプッチ
プラトニックな純愛―ミケランジェロとヴィットリア・コロンナ
理想と現実のはざまで―ラファエロとマッダレーナ・ドーニ
哲学から儀礼、遊戯へ―ジュリオ・ロマーノとイザベラ・デステ〔ほか〕

著者紹介

木島俊介[キジマシュンスケ]
1939年、鳥取県生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。美学・美術史専攻。フィレンツェ大学、ニューヨーク大学大学院に学ぶ。共立女子大学名誉教授。東急文化村プロデューサー。群馬県立館林美術館館長、群馬県立近代美術館館長等を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ルネッサンス期の美しき女性たちの肖像画
レオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》、ティツィアーノの《美しき人》など巨匠が描き残した数々の名画。画家が魅せられた美しいモデルたちの物語。華やかなルネッサンス時代の人間模様も楽しめる一冊。