翻弄者

個数:

翻弄者

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087814163
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

14歳のときから、十数年間もフセインの宮殿に軟禁されていたという予言者。薬物依存症の娼婦に思いを寄せ、併走するかのように、その世界に堕ちていく男。キューバ革命の陰で、表現の自由を奪われ、追憶だけで命をつなぐ詩人。時代に翻弄され、不条理に疲れ、それでも拠りどころを手探りする人間たち。

目次

1 ジャマールを探して(不思議な男;空気を読む男;楽になる男 ほか)
2 ケープタウンに漂う(情けない男;うきうきする男;酩酊する男 ほか)
3 キューバに残った詩人(うつむく男;土を食べる男;とらわれの男 ほか)

著者紹介

藤原章生[フジワラアキオ]
1961年福島県生まれ。北海道大学工学部卒業、住友金属鉱山勤務を経て、89年に毎日新聞入社。95~2001年、駐ヨハネスブルク、アフリカ特派員、2002~06年、駐メキシコ市、ラテンアメリカ特派員。08年より、ローマ特派員。『絵はがきにされた少年』(集英社刊)で第3回開高健ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)