紛争と難民 緒方貞子の回想

個数:

紛争と難民 緒方貞子の回想

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年01月24日 12時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 459p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784087813296
  • NDC分類 369.38

内容説明

危機の現場に10年。イラク、バルカン、アフリカ大湖地域、アフガンで起きた大惨事に対処する、人道援助の最前線。国連難民高等弁務官の歴史的証言。

目次

序章
第1章 クルド難民危機―人道援助の新時代
第2章 バルカン紛争における難民の保護
第3章 アフリカ大湖地域における危機
第4章 アフガン難民
第5章 結論―戦時と平時における人道活動
エピローグ 国連難民高等弁務官からUNHCR職員への惜別の辞
補遺1 国連安全保障理事会における報告
補遺2 日本、アメリカと私―世界の課題と責任

著者紹介

緒方貞子[オガタサダコ]
1927年、東京生まれ。聖心女子大学文学部卒業後、アメリカに留学し、ジョージタウン大学で国際関係論修士号を、カリフォルニア大学バークレー校で政治学博士号を取得。国際基督教大学非常勤講師(1965‐74年)、同大学準教授(74‐79年)を経て80年、上智大学教授に就任。同大学国際関係研究所長、外国語学部長などを務めた。この間、76年に日本人女性として初の国連公使となり、特命全権公使(78‐79年。ユニセフ執行理事会議長を兼任)、国連人権委員会日本政府代表(82‐85年)を歴任。90年の国連総会において第8代国連難民高等弁務官に選出され、2000年末まで10年にわたりその重責を担った。人道分野における卓越した貢献が高く評価され、内外から数多くの勲賞および名誉学位を授与された。2001年には「人間の安全保障委員会」の共同議長、アフガニスタン支援日本政府代表を務めた。また、2003年からは、独立行政法人国際協力機構(旧国際協力事業団)理事長として、精力的な活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

国連高等弁務官として危機の現場に10年。歴史的証言。
イラク、バルカン、アフリカ等の歴史的大惨事にどう対処したのか。人道援助の最前線。