• ポイントキャンペーン

ダッカへ帰る日―故郷を見失ったベンガル人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087813005
  • NDC分類 916

内容説明

「カレーは好きですか」出会った外国人労働者は、そう聞いてきた。ベンガル人兄弟の部屋に立ち込める香辛料の香り、厳かなコーランの響き、額に汗する労働の匂い、東京暮らしの私の視界を、南アジアのなま温かい風がよぎった。第1回開高健ノンフィクション賞優秀賞。

目次

1章 香辛料の香る部屋
2章 コーランの響き
3章 バブルの時代
4章 それぞれの焦燥
5章 出稼ぎ者たち
6章 ダッカの闇夜
7章 下町マニィクナガール
8章 コックスバザールの飯屋
9章 クッミラの空
10章 出頭のわけ
11章 田園風景

著者紹介

駒村吉重[コマムラキチエ]
1968年長野県生まれ。帝京大学経済学部卒。地方新聞記者、建設現場作業員など職を転々とする。夜間の現代写真研究所を中途退所し、97~98年、モンゴルのウランバートルに暮らす。帰国後、事件や埋もれた歴史、家族の肖像などを題材に取材・執筆活動を続ける