• ポイントキャンペーン

パリ・サンテ刑務所―主任女医7年間の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087812510
  • NDC分類 956

内容説明

現職の女性主任医務官がそのすべてを暴露した。ドラッグ、同性愛、自殺、暴力がはびこる鉄格子の中で、人間は生き続けることなど出来るのか?フランス中が驚愕した名門刑務所の恐るべき実体。

目次

サンテ宮殿(一九九二年)(塀のなかへ;夜間当直;人間模様 ほか)
ミッドナイト・エクスプレス(一九九三~一九九五年)(悪意との闘い;刑務所医療の現実;ドクターKの正体 ほか)
自由という亡霊(一九九六~一九九九年)(VIPクラブ;塀のなかの憂愁;囚人たちの贈りもの ほか)

著者紹介

ヴァスール,ヴェロニック[ヴァスール,ヴェロニック][Vasseur,V´eronique]
1951年パリ生まれ。市民病院救急医、顧問医師などを経て、92年にサンテ刑務所当直医師、翌93年から2000年まで同刑務所の主任医師を務めた。サンテ刑務所を去り、モンテクリスト・センター副所長を経て、現在はパリ12区サン=タントワンヌ病院に勤務している。98年以降はパリ大学で教鞭をとり、拘禁医学を教えている。画業の方も本格的で、毎年個展を開いている

青木広親[アオキヒロチカ]
1951年生まれ。横浜高等学校普通科、慶応義塾大学法学部政治学科卒業。1972年~74年パリ大学およびアリアンス・フランセーズ語学学校に留学。大学在学中からフランス語の通訳・翻訳を始め、現在に至る