夫婦という幸福 夫婦という不幸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087812466
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C0095

目次

1 夫婦甘くてしょっぱくて(これもご縁というもので;波高し夫婦の航路;父が歌う子守り歌;夫婦、雨のち時々晴れ)
2 もつれあいもたれあって夫婦(役割夫婦の砂あらし;再婚、ふたたびの愛;中年夫婦のすったもんだ;夫と妻の定年笑論)
3 照る日曇る日それでも夫婦(更年期は光年期;夫婦も苦がありゃあ;夫婦の坂も最後の難所;夫よ、妻のために笑え)

著者等紹介

沖藤典子[オキフジノリコ]
1938年、北海道生まれ。北海道大学文学部卒。ノンフィクション作家。79年、女性の社会進出をテーマに書いた『女が職場を去る日』(新潮社)を出版し、執筆活動に入る。以後、女性問題、老人問題、医療問題などに深い関心を寄せ、旺盛な活動、執筆を続けている。全国高齢者ケア協会副会長、日本社会福祉士会理事、高齢社会をよくする女性の会理事などもつとめる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

団塊シニア

19
夫婦を長持ちさせるコツ→「者間距離」、夫と妻の間の距離が必要、夫婦であるがゆえに思いやりを持てなくなってしまう、男と女、それが平凡な夫婦の姿。女性の視点から夫婦のあり方を語っており共感できる内容です。2012/11/20

ミッチ

4
前半は、著者の実生活を通しての女性の目線での価値観で書かれた幸福論、不幸論。後半は、取材を基にした夫婦の幸福論、不幸論。著者が女性なので当たり前のことだが、夫婦の幸不孝は、つまり男の価値観次第で左右されるという。まったく一方的な内容。こんな男と結婚したら、誰でも不幸せになるに決まってる。男性の私が読んでも頷けることばかり。それにしても、女性についてはまったく言及していないのはなぜ?これは女性よりも男性が読むべき価値ある作品でした。2017/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2452972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。