林檎の礼拝堂

個数:
  • ポイントキャンペーン

林檎の礼拝堂

  • 田窪 恭治【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 集英社(1998/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月10日 22時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784087811650
  • NDC分類 723.1

内容説明

美しいノルマンディーの田園風景の中で、廃墟と化していた16世紀の小さな礼拝堂。その礼拝堂と運命的な出会いをした日本人美術家が、一家でフランスに移住し10年の歳月をかけ礼拝堂を「林檎の礼拝堂」として再生。NHK・フジテレビなどで放映され反響を呼んだ、礼拝堂再生の感動的な記録。

目次

美しいノルマンディーの田園風景の中で廃墟と化していた礼拝堂
何の目的でやってきたのか?村人たちの不信、そして理解
フランスの田舎町での筋書きのないドラマの始まり
礼拝堂の模型の中を歩いているような錯覚に…
屋根をとった瞬間に見えた新たな礼拝堂
透明なガラスと淡い色ガラスと光をタペストリーのように織り込む
職人さんたちに工事費用を支払うことができるのだろうか?
礼拝堂を彩る6色のガラス瓦をモザイクのように置いていく
ガラス屋根の後陣に現れた十字架
満月に呼び醒まされた“彼女”の鼓動〔ほか〕