50年目の証言―アジア・太平洋戦争の傷跡を訪ねて

  • ポイントキャンペーン

50年目の証言―アジア・太平洋戦争の傷跡を訪ねて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087811131
  • NDC分類 210.75

内容説明

真珠湾奇襲の1時間前,日本軍は英領マレーのコタバルに上陸を開始した。アジア・太平洋戦争の勃発である。日本軍の軍政下におかれたアジアの町や村で何が行われたのか。また対戦国アメリカには多くの日系人がいた。彼らは戦時下にどのような扱いをうけたのか。50年後、アジア・アメリカの現地を訪れた著者に初めて語った貴重な新証言。「侵略的行為」「植民地支配」の実態に迫り、戦争がもたらす『悲劇』を明らかにする。

目次

マレー半島南部―華僑粛正と血債の塔
タイ・マレー半島北部―泰緬鉄道と日本軍上陸地コタバル
フィリピン―ルソン島住民虐殺とバターン死の行進
韓国―朝鮮総督府と三・一独立運動
中国―南京大虐殺と七三一部隊
アメリカ―真珠湾攻撃と日系人強制収容所