赤の大地と失われた花

個数:

赤の大地と失われた花

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月23日 13時25分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 476p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087735017
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

奪われた人生を取り戻す。オーストラリアに咲く花とともに――
30か国で版権を取得。ドラマ化も決定した、少女と勇気の物語。
「自分の物語の価値と力を疑う女たちに、本書を捧げる」――著者

天気のように機嫌が変わる父、優しくも悲しそうな目をしていた母。火事で両親を亡くしたアリスは、わけもわからぬまま、初めて会う父方の祖母に引き取られることになる。連れていかれたのは、オーストリア固有種の花を育てる花農場。そこで働き暮らすのは、世間から爪弾きにされた女たちだった。

心に大きな傷を抱えたアリスを救ったのはオーストラリアのネイティヴフラワーの花言葉、
そして、悲しみを抱えた女たちの強さと優しさ――
自己や虐待、DVなど、自らの価値を失った少女が、自分の言葉と物語を見つけるまでを描く、衝撃のデビュー長編。

The Australian Book Industry Awards受賞、2020年配信ドラマ化決定!

【著者略歴】
ホリー・リングランド
HOLLY RINGLAND

オーストラリアのクイーンズランド州南東、母親の熱帯植物の庭で、裸足で駆け回って育つ。9歳の時から2年間家族と共に北米でキャンピングカー暮らしをしながら各地の国立公園を旅したことがきっかけで、様々な文化と物語に興味をもつようになる。20代の頃、オーストラリア中央部の砂漠地帯にある先住民族のコミュニティで4年間働く。2009年にイギリスへ渡り、2011年にマンチェスター大学で創作の修士号を取得。現在はイギリスとオーストラリア双方を行き来する日々を送っている。エッセイや短編がアンソロジーや文芸誌に掲載され、2018年に本書 THE LOST FLOWERS OF ALICE HARTで長編デビュー。既に30か国で版権が取得され、2019年にはThe Australian Book Industry Awardsの一般文芸書部門を受賞した。配信ドラマ化も決定している。

【訳者略歴】
三角和代
みすみ・かずよ

福岡県生まれ。西南学院大学文学部外国語学科卒。英米文学翻訳家。
主な訳書に、ヨハン・テオリン『黄昏に眠る秋』(ハヤカワ・ミステリ文庫)、サラ・プール『毒殺師フランチェスカ』(集英社文庫)、キャシー・アンズワース『埋葬された夏』、ジョン・ディクスン・カー『盲目の理髪師』(以上創元推理文庫)、キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』(創元SF文庫)、ジャック・カーリイ『百番目の男』(文春文庫)など多数。

内容説明

天気のように機嫌が変わる父、優しくも悲しい目をしていた母。両親を火事で亡くした9歳のアリスは、初めて会った祖母に引き取られる。連れていかれた先は、オーストラリア固有種の植物を育てる花農場だった…。自らの価値を見失った少女が、大自然の中をひたむきに生きる、衝撃のデビュー長編。The Australian Book Industry Awards一般文芸書部門受賞。30ヵ国で出版、ドラマ化も決定!オーストラリアの大地を強く生きる少女の物語。

著者等紹介

リングランド,ホリー[リングランド,ホリー] [Ringland,Holly]
オーストラリアのクイーンズランド州南東、母親の熱帯植物の庭で、裸足で駆け回って育つ。9歳の時から2年間家族と共に北米でキャンピングカー暮らしをしながら各地の国立公園を旅したことがきっかけで、様々な自然の文化と物語に興味をもつようになる。20代の頃、オーストラリア中央部の砂漠地帯にある先住民族のコミュニティで4年間働く。2009年にイギリスへ渡り、2011年にマンチェスター大学で創作の修士号を取得。現在はイギリスとオーストラリアを行き来する日々を送っている。エッセイや短編がアンソロジーや文芸誌に掲載され、2018年に『赤の大地と失われた花』で長編デビュー。既に30か国で版権が取得され、2019年にはThe Australian Book Industry Awards一般文芸書部門で受賞した。配信ドラマ化も決定している

三角和代[ミスミカズヨ]
福岡県生まれ。西南学院大学文学部外国語学科卒。英米文学翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。