ダブリンの市民

個数:

ダブリンの市民

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 04時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 423p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784087733136
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

ダブリンに生きる人々の様々な夢と挫折を精確に写しとったジョイス文学の出発点。詳細な脚注を付す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

荒野の狼

5
15の互いに独立した短編で構成された20世紀初頭のダブリン市民を描いたものです。実際のダブリン近郊の地図が4枚ついており、脚注は特に、登場人物が描かれている通りや建物などについて詳しく、ダブリンの生活が身近に感じられるような体裁になっています。相互の物語に関連はないのですが、物語の主人公が最初は少年期、次に青年期、成熟期、社会生活と移っていくので、第一話から順に読むことをお勧めします。また、同時代のことが描かれているので、同じ登場人物が端役で、別の物語に登場したりします。2009/03/18

ELLIS

5
どこまでが架空で、どこまでが実在した人物かはわからないけれど、そんなことが気にならないほどのリアリティをもって、ジョイスが生きた時代のダブリンが浮かびあがる。まるで同時代にダブリンに生きて、誰かから噂話しを聞いているかのよう。それぞれの人生の、ダブリンの光と影。ギネスやベイリーズを飲みながら飲んで欲しい。文庫本と違って注釈や解説も充実していて素晴らしい。1つの話しの登場人物が他の話しにも出てくることで、リアリティが増しているのは疑いないと思うけれど、その関わり具合がなんとも心憎い。短編好きなら必読の1冊。2010/12/16

zakuro

3
最後の「死者たち」はよかった。クリスマスパーティの帰り、突然沸き起こる性欲の行き着く先は…からの、妻の告白という展開は乱歩みたいだった。他の短編はみな、盛り上がり無しオチ無し。イギリスの階級社会もよく理解できていないのに、そこにさらにアイルランドの民族問題が背景にあるとか、もうお手上げですわ。性的倒錯者の話の鞭打ちが連発するところで笑わせてもらったので、まあ時間返せとまでは言わないでおこう。2021/01/18

スイ

3
「寛容の涙がゲイブリエルの目にあふれた。彼じしんはこれまでにどの女にもそういう感じをもったことはない。だが、そういう感情こそ愛にちがいないということはわかる。」 本人には一大事でも、他人にはよくあること。 そんな掌編ばかりなのだけど、描写が圧倒的な上手さで引き込まれる。 目の前で見ているようで、埃や料理の匂いを感じたような気さえした。 特に、最後の「死者たち」は見事。 長編を読んだような充足感だった。 訳もいい。2016/03/15

まおまお

3
ジョイスの手法エピファニーを使った『死者たち』が一番良かった。それは物事を観察している内に、「魂」が突如意識され、本質を露呈する瞬間のことで、要するに、何気ない日常の中で突然、物事の本質を理解できるような瞬間のことらしい。ダブリンのとあるシーンの幾つかをリアリスティックに描くことで「無気力」を表現しているとのこと。個人的に、読書中、気が緩むと作品外で想像が膨らんでしまって、全く関係ないことばかりが頭を巡り巡ってしまった。それはきっと、この作品のもつチカラのせいかもしれない!2014/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12974

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。