ユリシーズ〈2〉

ユリシーズ〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 606p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784087732252
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

『ユリシーズ』はいよいよ『ユリシーズ』らしくなって、ジョイスは芸のありったけを披露する。少女は花火の下でスカートの奥を紳士に見せ、彼はそれを見ながら手淫する。これはナボコフ絶讃の章。そして英文学史全体のパロディによって語られる産婦人科病院の章は、『古事記』『源氏物語』から西鶴を経て宮沢賢治まで、日本文学史全体のパロディに移された。第11挿話「セイレン」から第15挿話「キルケ前半」まで。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

56
歌の歌詞にブルームの気掛かりや思いが対応する音楽的な、華やかな歌曲を聞くような『セイレン』の章で幕開け。描かれるのは、知人と食事をとり、酒を飲んで議論し、妻の不貞を疑いというある意味平和な日常なのですが、音楽的また擬古典風、女性の読み物風といった変幻自在で華麗な文体がブルームの懊悩や回想、それに絡まる人々の論議や物語を彩り、生きることの滑稽さと哀しさを陰影に富んで彫り上げて全く飽きさせません。真夜中のダブリンを舞台に、登場人物たちの「内的世界」と現実が悪夢のように交錯する『キルケ』の挿話を追って次巻へ。2020/02/17

NAO

53
「ナウシカア」の日暮れ時に幼い子どもたちを海辺で遊ばせているノスタルジックできれいな情景描写にかさねあわせるような、足の悪い思春期の少女が自分を見つめるブルームにロマンチックな思いを寄せる心理描写が美しいが、ブルームの独白となったとたんに俗っぽく下卑た感じになってしまうその落差が見事だ。「太陽神の牛」では、一つの章の中で古代英語から現代の散文体まで文体を変化させているのを、日本語訳では古事記風から谷崎潤一郎風まで7つの文体で表している。とりたてて内容が難しいわけではないが、とにかく読みにくい。2017/03/13

燃えつきた棒

39
#22Ulysses あくまでも読書ノートでしかないが、思ったことを書いてみたい。 本題から離れてしまうかも知れないが、致し方ない。/ [訳注] 【七八六 下等動物(その名はレギオン)  イエスがゲラセネ人の地に行き、舟から上ると、悪霊に憑かれた人が走って来て、前に平伏し、わたしを苦しめないでくれと叫ぶ。イエスが、悪霊よこの人から去れ、と言ったからである。→2022/04/22

みみみんみみすてぃ

8
意味が分からん。わしには分からん。〈Ⅰ〉を好きになり、第十三章の妙にエロティックな海岸でのシーンなども好みなのだが、続く14章、15章をまともに読むと、やっぱりわけがわからなくて疑問がフツフツと……。14章はまだいい。15章の圧倒的なお喋り、両性具有、はっきりいって読んでいて悪酔いする、気持ちが悪い。今の僕に消化できないのが悲しいが、第三巻も手に取ります。。2016/11/20

秋良

4
まさか海外文学を古文で読まされる日がくるとは!もう字面を追うだけでついてけない。まぁ、分かっても「パンツ見たら勃起しちゃったよ」みたいな脱力することばっかなんだけど。2015/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/444826

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。