ミシェル 城館の人―争乱の時代

ミシェル 城館の人―争乱の時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 373p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784087727739
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

ミシェル・ド・モンテーニュは、1533年2月28日、西南フランスの丘の上の、樅の巨木の生い繁る城館に生まれた。不朽の名著『エセー』の作者の誕生である。この偉大な思想家の生きた世紀は、後にルネサンスと称される時代であり、同時に、宗教戦争など、暴動、虐殺、陰謀渦まく乱世であった。本書では、その時代と、モンテーニュ家の勃興から〈塔〉に隠棲するまでを描く。長編「モンテーニュ」3部作、第1部。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

棕櫚木庵

19
モンテーニュ伝の第1巻.曾祖父から話を起こし,誕生からボルドオ高等法院審議官退職(37歳)まで.社会的上昇経路としての法服貴族と帯剣貴族,宗教的状況など当時の時代背景に詳しい.原や宮下も指摘していたが,ミッシェルはラテン語を母語として育てられた.その理由や影響が詳しく述べられている.ギリシア・ローマ文学による基礎教養が異教的だったこと(p.78など),ラテン語で思考することで,現実から一歩距離を置いて観察・考察する習慣が生まれたという指摘(pp.61--62)が興味深かった.2021/11/20

かんやん

1
モンテーニュの伝記。第一巻は誕生から結婚、隠棲まで。カトリックとユグノー派(プロテスタント)の血みどろの争いを背景に、エラスムス、ルター、トマス・モア、そしてもちろんモンテーニュの言葉がコラージュされる。さらに、ラブレー、シェイクスピア、セルバンテス。引用と考察と広範な知識からなる魅惑の一冊。当時のパリの街の匂いまでしてくる(良い香りではない)。欲を言えば、地図、絵画(肖像画、歴史画)、写真などがあれば、もっと立体的に楽しめただろう。ルーブル美術館のモナリザの隣に飾っているあるのは、誰の肖像画か?2015/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1838546

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。