金鯱の夢

金鯱の夢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784087727050
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

天正10年、本能寺の変。その直後の山崎の戦いで、羽柴秀吉、明智光秀を破る。秀吉に嫡子・日金丸(後の秀正)誕生。慶長5年、秀正・徳川家康連合軍、石田三成を関ケ原に破り、大坂城の異母弟・秀頼を倒す。慶長8年、秀正、将軍となり、名古屋に幕府を開く。日本の公用語は名古屋弁になる。泰平と狂乱の名古屋時代260年。日本史をパスティッシュした、長編時代小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

座敷童

6
豊臣幕府?面白いじゃないですか。 至る所に実在の人物やモデルにした登場人物が散りばめられ、おおざっぱな知識でも対比させながら、「そうくるか」と感嘆しきり。2016/11/04

ゆき

4
★★★☆☆:豊臣秀吉と寧々の子、秀正が徳川家を滅ぼし天下を統一し、江戸時代ならぬ名古屋時代が到来するという名古屋人の心をくすぐる歴史ifもの。徹頭徹尾、江戸をしょーもないド田舎とこきおろすことで名古屋のコンプレックスを表してしまっている気もするがコメディタッチで終始にやにやしながら読めた。逆に、会話のほとんどが日本の共通語となった名古屋弁で交わされるので名古屋以外の方が読んだら意味が伝わらないのでは、と不安になってしまう。終章が一般用と愛知県人用とに分かれているのも心憎い演出だった。 2017/03/22

銀木犀

1
豊臣家が名古屋に幕府を開いたら・・・という仮想歴史物。この作者の名古屋を書いた作品にはハズレがない。最後の結末が2通り用意されている構成にはうなる。器用だ。愛知に住んだことはないが、愛知県民用の結末の方が夢があって好き。愛知県民用の結末に作者がちらりと登場するのも笑える。2009/03/07

siomin

0
もし,豊臣秀吉が大坂でなく名古屋を本拠地のままでいたら,秀吉の子孫が政権を握り続け繁栄していたら。歴史のifを重ねてまとめ上げた歴史小説。著者の持ち味が活きており実際の歴史に基づいたユーモアがたっぷりでけっこうハチャメチャ。黒船来航が浦賀でなく師崎であったり,白虎隊が白鯱隊になっていたり。 物語のとおりに江戸時代ならぬ名古屋時代が繁栄し,その後の首都も名古屋になったままだと,河村たかし市長の口調でNHKのアナウンサーがニュースを読み上げる…。それはそれでどうなんだか。 2017/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528153

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。