Blue

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

Blue

  • 提携先に12冊在庫がございます。(2024年05月21日 03時29分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 144p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087718669
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

【第170回 芥川賞候補作】

割りあてられた「男」という性別から解放され、高校の演劇部で人魚姫役を演じきった。
そんな真砂(まさご)が「女の子として生きようとすること」をやめざるをえなかったのは――。

『人魚姫』を翻案したオリジナル脚本『姫と人魚姫』を高校の文化祭で上演することになり、人魚姫を演じることになった真砂は、個性豊かな演劇部のメンバーと議論を交わし劇をつくりあげていく。しかし数年後、大学生になった当時の部員たちに再演の話が舞い込むも、真砂は「主演は他をあたって」と固辞してしまい……。

自分で選んだはずの生き方、しかし選択肢なんてなかった生き方。
社会規範によって揺さぶられる若きたましいを痛切に映しだす、いま最も読みたいトランスジェンダーの物語。


【著者略歴】
川野芽生(かわの・めぐみ)
小説家・歌人・文学研究者。1991年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科在籍中。2018年に連作「Lilith」で第29回歌壇賞、21年に歌集『Lilith』で第65回現代歌人協会賞受賞。他の著書に、短編小説集『無垢なる花たちのためのユートピア』、掌編小説集『月面文字翻刻一例』、長編小説『奇病庭園』、エッセイ集『かわいいピンクの竜になる』がある。

内容説明

『人魚姫』を翻案したオリジナル脚本『姫と人魚姫』を高校の文化祭で上演することになり、人魚姫を演じることになった真砂は、個性豊かな演劇部のメンバーと議論を交わし劇をつくりあげていく。しかし数年後、大学生になった当時の部員たちに再演の話が舞い込むも、真砂は「主演は他をあたって」と固辞してしまい…。社会規範によって揺さぶられる若きたましいを痛切に映しだす、いま最も読みたいトランスジェンダーの物語。

著者等紹介

川野芽生[カワノメグミ]
小説家・歌人・文学研究者。1991年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科在籍中。2018年に連作「Lilith」で第29回歌壇賞、21年に歌集『Lilith』で第65回現代歌人協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

174
第170回芥川賞候補作・受賞作第二弾(2/5)、川野 芽生、初読です。本書は、トランスジェンダーの憂鬱、正にBlueでした。 「迷彩色の男」同様、この系統の作品は、山田 詠美&トランスジェンダーの選考委員(存在していますでしょうか❓)が強く推さないと受賞は難しいと思います。 https://www.bungei.shueisha.co.jp/shinkan/blue/2024/02/03

シナモン

104
すばる2023年8月号で読了。正雄、真砂、眞靑ートランスジェンダー、ほとんど知識がないから何とも言えないけど、その人がその人らしく生きられる世の中であればいいな。ありきたりな感想しか書けない自分がもどかしい。 「関係ない。男として暮らしてる男が女を演じたり女として暮らしてる女が男を演じたりもしてるんだよ」 2024/01/16

いたろう

77
芥川賞候補作。主要な登場人物は、高校演劇部の5人。そのうちの何人かは、心の問題を抱えていたりするが、最初のうちは、そうとは分からない書き方になっている。タイトルの「Blue」というのは、小説中で言及される、映画「ムーンライト」の中の台詞であり、この映画の原案となる戯曲のタイトルでもある、「月明かりの下で、黒人の子は青く見える」In moonlight, black boys look blue. から取られているよう。これは、生きにくい世の中でも、自分が輝ける場所がある、というような意味合いなのだろうか。2024/03/12

藤月はな(灯れ松明の火)

63
「選ばなかった後悔より、選んだ後悔」と言う言葉がある。この言葉は、環境に負けず、痛みや犠牲、周囲を蔑ろにしても自ら選ぶ事を重き価値が置かれ、尊ばれる事を象徴しているかのような言葉だと思う。では、選ばなかった事は価値が低いのか?『人魚姫』の演劇を通して自らのセクシャリティ/ジェンダーと向き合った高校生。その象徴となったトランスジェンダーの「真砂」は転換できず、「眞靑」になるしかなかった。真砂が就活前に性転換を目指していた理由に就職活動の履歴書に必ずある性別欄に違和感を感じていた事を思い出し、苦い気持ちになる2024/03/03

ミナミハハ

63
何冊かトランスジェンダー題材の本を読み解ったような気になっていた。上っ面しか見て居なかった。当事者の葛藤・痛みが胸に刺さる。問題山積。大勢の人達に読んで欲しい。読み応えある一冊です。2024/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21739280
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。