できない男

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

できない男

  • 額賀 澪【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 集英社(2020/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 04時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087717068
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

地方の広告制作会社で働くデザイナー、芳野荘介28歳。
年齢=恋人いない歴で、仕事も中途半端な自分に行き詰まっている「できない男」。
ある時、地元の夜越町と大手食品会社ローゼンブルクフードが農業テーマパーク「アグリフォレストよごえ」プロジェクトを立ち上げる。
荘介の憧れの超一流クリエイター、南波仁志率いるOFFICE NUMBERが取り仕切る「アグリフォレストよごえ」のブランディングチームに、地元デザイナー枠として、突然放り込まれることに。

南波の右腕としてブランディング事業の現場担当を務めるアートディレクター河合裕紀、33歳。
彼女に二股をかけられていた者同士で意気投合した、イタリアンレストランオーナー賀川と遊ぶのが唯一の息抜きになっている。
仕事は超有能で、様々な女性と“親善試合"を繰り返しているけれど、河合もまた、独立や結婚など、その先の人生へと踏み出す覚悟が「できない男」だった。

山と田圃しかない夜越町で出会った、対照的な二人の「できない男」。それぞれが抱えるダメさと格闘しながら、互いに成長していく姿が最高に愛おしい、大人による大人のための青春小説。

【著者略歴】
額賀 澪(ぬかが みお)
1990年茨城県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。
2015年に『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞、『屋上のウインドノーツ』(『ウインドノーツ』を改題)で第22回松本清張賞を受賞。『イシイカナコが笑うなら』『競歩王』『タスキメシ―箱根―』など著書多数。

内容説明

恋愛経験ゼロ、仕事も冴えない荘介と仕事は有能でも、本気の恋愛に踏み出せない裕紀。大人による大人のための成長小説。

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年茨城県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。2015年に『ヒトリコ』で第一六回小学館文庫小説賞、『屋上のウインドノーツ』(『ウインドノーツ』を改題)で第二二回松本清張賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

279
以前読んだ『ウズタマ』に続いて、額賀 澪、2作目です。コミュニティの作家のBEST投票に備えて読みました。本書は、少女漫画チック、ダメ男町おこしラブ・コメディでした。[合コン=異性間意見交換会]という概念を初めて知りました(笑)アグリフォレストよごしに行ってみたい。 https://nukaga-mio.work/dekinaiotoko2020/09/11

のぶ

145
タイトルの「できない男」とは何のことかと思って読んだが、いろんな意味が含まれていた。主人公のひとりは芳野荘介28歳。恋人もおらず結婚もできない男。広告制作会社で働くデザイナーだったが、地元の夜越町が企業とアグリフォレストよごえというプロジェクトを立ち上げる事業に参加する事になる。もう一人の主人公は事業の現場担当を務めるアートディレクター河合裕紀、33歳。仕事は超有能だけど、独立や結婚など、その先の人生へと踏み出す覚悟ができない男。これらの人物が織りなす物語は、面白いアラサーの青春にして成長物語だった。 2020/05/09

ガチャ

131
恋愛も仕事もダメな壮介と恋愛も仕事もできるけど、決断できない河合、相容れなさそうな2人が同じプロジェクトで知り合って、仲良くなっていき、更に賀川も加わって、男の友情っていいよねーと思ったし、Office NUMBERでのやり取りが楽しかった。 人生はどこで決断の道が来るかも分からないし、 いつでも変われるんだなと応援しながら読んでいたのに、最後の展開はなんなのだ。女の敵だ。 壮介の株が完全に下がった、すごく残念。2020/09/11

buchipanda3

129
ほどよい緩い感じの会話が続く大人の遅めの青春小説で気を張らずに楽しんで読めた。できない男とは何ぞやと読み進めると覚悟の出来ない男のようだ。耳が痛い。仕事も恋愛も楽しむけど責任を避ける裕紀、仕事も恋愛も自信が持てなくて前へ進めない荘介。二人のこれは無茶苦茶だーって決意があるけど青春だから、突っ走ってしまうのだ。だってそこを上手くできる男ならできない男じゃないから。彼女は可哀想過ぎるけど。モラトリアムから抜けてない感じもできない男らしい。でも自分を誤魔化せないという気持ちは分かるかな。彼らのその後は果たして。2020/04/03

128
○○ができない男達の成長物語。なかなか爽やか。裕紀にはあまり共感出来なかったけど、壮介には声援を送りたくなった。それだけにラストはちょっと意外。2020/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15416133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。