ホテル・アルカディア

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

ホテル・アルカディア

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月08日 17時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087717020
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ホテル〈アルカディア〉支配人のひとり娘・プルデンシアは、敷地のはずれにあるコテージに理由不明のまま閉じこもっていた。投宿していた7名の芸術家が同情を寄せ、元気づけ外に誘い出すべく、コテージ前で自作の物語を順番に語りだした。突然、本から脱け出した挿絵が「別にお邪魔はしないさ」と部屋に住みつづける「本の挿絵」、何千年も前から上へと伸び続けるタワーマンションの街を調査するも、1万階を過ぎたあたりで食糧が尽きてくる「チママンダの街」など7つのテーマに沿った21の不思議な物語。この朗読会は80年たった今も伝説として語り続けられ、廃墟と化したホテル〈アルカディア〉には聖地巡礼のようにして、芸術家たちのファンが何人も訪れる。80年前、あの朗読会の後、7名の芸術家たちはどうしたのか、そしてひとり娘のプルデンシアはどうなったのか。

創元SF短編賞を受賞し、そのぶっ飛んだシチュエーションと巧みな文体で、全国の目利き書店員さんを驚倒させた作家による、全国民注目の初の長編小説。

【著者略歴】
石川宗生(いしかわ・むねお)
1984年、千葉県生まれ。オハイオ・ウェスリアン大学天体物理学部卒業。約3年間の世界放浪、メキシコ・グアテマラでのスペイン語留学など経て、翻訳者として活動。2016年、短編「吉田同名」で第7回創元SF短編賞を受賞。2018年、受賞作を含む短編集『半分世界』を刊行。

内容説明

ホテル・アルカディアに閉じこもる絶世の美女プルデンシアを救うべく、7人の芸術家たちが、いま立ち上がった!誰も読んだことのない、はるか未来の千夜一夜物語。創元SF短編賞を受賞し、そのぶっ飛んだシチュエーションと巧みな文体で、全国の目利き書店員さんを驚倒させた作家による、全国民注目の最新長編小説。

著者等紹介

石川宗生[イシカワムネオ]
1984年、千葉県生まれ。オハイオ・ウェスリアン大学天体物理学部卒業。約三年間の世界放浪、メキシコ、グアテマラでのスペイン語留学などを経て、翻訳者として活動。2016年、短編「吉田同名」で第七回創元SF短編賞を受賞。2018年、受賞作を含む短編集『半分世界』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

150
初・石川さん 確かに奇妙奇天烈摩訶不思議・奇想天外な短編連作でした。面白いような、面白く無いような 「で、どうするの この後…???」みたいな感じです <(^_^;2020/09/06

ヘラジカ

56
衝撃のデビュー作品集『半分世界』からはや二年。あの時読了直後に感じた「もしやとんでもない作家が現れたのでは」との予感は見事に的中。またもや人を喰ったように大げさな帯の文句を軽々と上回る、至福の物語集であった。正しくは「全国民が注目(すべき)の最新長編小説」と言ったところか。前作を読んで少しでも"楽しさ"を見出した人、日本の小説はあまり合わないと感じている海外文学愛好家には是非とも読んでもらいたい傑作!過酷な現実から逃避して物語の海に溺れる愉楽。騙されたと思って最初の数話を読んでみてほしい。2020/03/26

アマニョッキ

47
いやあ、めちゃんこ面白かったなあ。でも多分これわたしみたいなお馬鹿さんではなく、海外文学たくさん読んでいたり、SF詳しかったりする方のほうが何倍も楽しめる作品だと思います。わたしなんかはただもう楽しい楽しい白昼夢を見せていただいたようなものですが、詳しい方には垂涎ものだと思いますよ。あと、全く根拠はないですが、石川宗生さんピチカート・ファイヴ好きそう。ちょいとそこの、グルービーなお兄さん チキンウィング、おひとつどう2020/08/04

PAO

25
「私はあらゆるエピローグの総体であり、ここから出たとたんあらゆる物語は終わりを見ます」…『地獄篇』にも似た宣言。離れに閉じこもったホテルの支配人の娘プルデンシアの姿はコロナ禍で巣ごもりを強いられた私達にも似ています。この本は作者の意図から羽ばたいて現代の『デカメロン』になってしまったのかも知れません。アトラスが進むに従ってその内容が次第に現実社会から遠のいていくという物語の不思議な遠近法が効果的でした。イマージュの豊穣の海で溺れそうになりながらもいつかこの本に隠された宝島を発見できそうな期待を抱きました。2020/06/22

M H

24
コテージに閉じこもったホテル支配人の娘プルデンシア。集った芸術家たちは、彼女に自作の物語を語り始める。次々に紡がれる物語群は豊かさが圧倒的で、すぐに身を任せたくなる。収録作は、単体でも世界観を構成する要素としても素晴らしくてお気に入りの1編を挙げられない。似てはいないと思うが「アラビアの夜の種族」を読んだときの感覚が蘇った。2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15374234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。