読書は格闘技

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087716559
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

今を生き抜くために必要な事象について、立場の異なる「良書」を批評的に読み、自らの考えを新たに形成する──。格闘技としての読書体験を通じた、武器となる読書術とは? 推奨ブックガイドも収録。

内容説明

武器となる“最強の読書術”&“ブックガイド”。いま必要なテーマについて、主張の異なる「良書」を熟読し、自らの考えを進化させる―。読書を通じた、能動的且つ実践的な知的プロセスの真髄を伝授。

目次

イントロダクション
心をつかむ
組織論
グローバリゼーション
時間管理術
どこに住むか
才能
大勢の考えを変える(マーケティング)
未来
正義
教養小説―大人になるということ
国語教育の文学
児童文学

著者等紹介

瀧本哲史[タキモトテツフミ]
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルティング業に従事したのち独立。著書に『僕は君たちに武器を配りたい』(「ビジネス書大賞」受賞作)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鉄之助

282
「教養小説」として『タッチ』が取り上げられ、中島敦の『山月記』がなぜ、教科書に長年採用されているのか?の謎解き、が明かされる。本を読むことは、著者の言っていることが「本当にそうなのか」と疑い自分の考えを作っていく、知的プロセス、だと言う。立ち向かうから「格闘技」。あるテーマで、2冊の本を格闘させる趣向も面白かった。「良書は、旧友に近い」。名言だと心の底からそう思った。若い頃はそれほど仲良しでなかった友が、年月を経てお互いの良さ、奥の深さを感じ取る。そんな楽しみを味わえる本との出会いが、この本でもあった。2020/12/21

マエダ

105
テーマ毎に異なるアプローチの本を二冊用いてそれを比較検討するというスタイルが本書である。読書は格闘技という観点から「良書」の定義を書いてあることに賛成できなくてもそれが批判するに値するほど一つの立場として主張、根拠が伴っていれば「良書」であるとのことだが、異なる主張の本を自分の中で考え考察することは読書の醍醐味であるし、なかなか難しくもあるがその方法としてとても参考になる一冊。2016/05/12

えちぜんや よーた

83
主張の異なる2冊の本を紹介していく感じ。良書だけど読むのめんどくさそうな本を紹介していくれているから、便利といえば便利。ただ読書は格闘技かと言われればそんな気がしないでもないが、ちょっと違うかなと個人的には思う。どっちかというと読書は囲碁や将棋のように相手の考えを見抜く心理戦かな。2017/03/23

けんとまん1007

75
本は比較的、読むほうだと思う。だからこそ、行き着いた一冊のように思う。多少なりとも、述べられている視点はあると考えた。そうそう、そうなんだよなあ~と思いつつも、全てに納得することは稀というか、無い。それは、その時の自分の姿勢・志向・思考などとの関連性があるからだし、それでいいのだと思う。2021/03/29

なる

70
概要を教えてもらった段階で「読書と格闘技とはなんぞや?」と純粋に興味があったけれど、実際に読んでみて納得がいった。本に対してただそれを無批判に受け取るのではなく、批判も含め自分なりの意見を持ってアウトプットする。読書感想もその一環かもしれない。解説するにはそれなりの知識に裏付けされた持論を持てなければ説得力に欠けるし、まさにガチンコ勝負で本と向き合う。自分の中にある知識を総動員して解釈をする。前半はビジネス本が中心、後半は小説や児童書に至る。一つ一つの本の感想を述べる時の訓練にもなって味わい深い本だった。2021/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10802150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。