聖者の戦い―小説フランス革命〈3〉

個数:

聖者の戦い―小説フランス革命〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087712803
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

真の敵は何処に。今こそ、真実に殉じる勇気を。革命の本道を目指し、天下をかけた戦いが始まる。仮面の聖性と宿命の俗性。

著者等紹介

佐藤賢一[サトウケンイチ]
1968年山形県鶴岡市生まれ。山形大学卒業後、東北大学大学院で西洋史学を専攻。93年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞、99年『王妃の離婚』で第121回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

57
3巻は国王一家がベルサイユから パリに移った後を描く。 司教タレイランが聖職の 特権没収という提案を 掲げ、物語は急転していく。タレイラン、ミラボー、 ロベスピエール…革命の 主役たちが各々の思惑で 動く様が妙に人間くさく 面白い。やや議会での やりとりが長く単調だが、 個々の人物造形が演説に 反映されているような 気がする。 マリーアントワネットが少し登場させたのは、今後への 伏線なのだろうか…2014/11/24

ぐうぐう

22
自信家タレイラン登場。青春のロベスピエール、慧眼のミラボーなど、それぞれの人物の対比がおもしろい。ネッケル人気の凋落を、二度の決起を成功させた民衆の自信の表れだとするミラボーの分析は、やはり他の人物の一歩先を進んでいる。だからこそ、軋轢も強いのだろう。今巻の相手は、自尊心の塊である聖職者。それにプラスして、王家を守るために革命を目指すミラボーにとって、板挟みは続く。マリー・アントワネットとの会話が象徴的だ。「革命はお嫌いですか」「嫌いだと、どうなります」「フランス王家は破滅いたします」2013/12/26

ヴェネツィア

22
バスティーユ陥落から1年。 革命は膠着状態に。 ブルジョワジーは、当然のことながら保守化してゆく。 ミラボーは未だ健在。 一方、革命の立役者だったデムーランは生彩を欠く。2012/01/28

朝比奈さん

17
バスチーユ陥落より一年。革命後すぐにルイ16世って処刑されたわけじゃないんだねぇ(無知)。ミラボーの存在感。理想を夢見がちのロベピくん。そして、デムーランが拗ねている。そしてロベピにサンジュストから手紙が届く。2017/10/30

秋良

14
今回は宗教改革。バスティーユ襲撃から打って変わって、侃侃諤諤の議論が繰り返される。ちょっと読む方は辛いんですけど……。目指す結果は同じでも建前を作らなきゃいけなかったり、カトリックの神秘性が薄れつつも民衆に影響力があったり、近代とは人々の考え方が違う。2020/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/515621

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。