集英社文庫<br> 西暦はどうやって決まったか

集英社文庫
西暦はどうやって決まったか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 281,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784087602074
  • NDC分類 204
  • Cコード C0197

内容説明

キリストの生誕年を起点とする西暦は6世紀に考案されたが、普及するのに1000年かかった。この人類共通の時間の尺度の登場によって初めて、通時的・共時的なものの見方が可能となった。シュリーマンによるトロイアの発見、トムセンによる先史時代の提唱。過去の扉が開かれ、歴史が発見の舞台となる。そして、現代科学への道…。人類の知性が獲得した成果を壮大なスケールで語る百科全書的ノンフィクション完結編。

目次

第4部 社会(過去の扉を開く;現在を概観する)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

6
百科全書的な知の歴史もこれが最終巻。最後はこの本らしく、歴史哲学の歴史から始め人類がいかに過去を発見したかを綴り、やがてマルクスとフロイトという二人の巨人を経て、物理、経済、統計といった現代諸科学の誕生に筆を進めていく。実は昔の西暦では必ずしも1月1日が一年の始まりではなく、例えば2月15日から新年な時もあった、と相変わらず雑学も盛りだくさん。人類学の創始者モーガンと、やはりシュリーマンが今巻は見所だろうか。人類の知の歴史を概観する上でこんなに面白い本はそうそうない。図書館館長というのも納得の名著2012/03/03

冬至楼均

1
「歴史」の起源を探究心におくのは(個人的には異論があるけど)全体のテーマとは見事に合致している。2014/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/319747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。