集英社文庫<br> 週刊医者自身

集英社文庫
週刊医者自身

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087488562
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0195

内容説明

「患者さんと医者という関係の改善なくしては、医療の進歩はない。そのためには医療の情報をどう発信し、それを患者さん、あるいは医学に興味のない若者にまで、関心を向けさせるかは重要なところだった」(あとがき)。退院時花束もらえる有名人。じゃあ、無名のひとはどうなんだ!ビタミン・マニア急増中、けど、本当に必要なものか?等々、「週刊プレイボーイ」連載の言いたい放題エッセイ集。

目次

現役の大学病院のセンセイが、なんでまた週プレで連載を!?
「もうひとりのオレ」クローン。それってホントに作れるの!?
祝・ペルー事件解決。でも犯人を「薬」で眠らすワケにはいかなかったの?
誰もが一度は経験する、あの「五月病」が「人類を絶滅から救う」だってェ!?
「喫煙するダメなワタシ」を叱ってほしいヤツぁいないか!?
「記憶力が悪ィ人」はこの世に存在しない!?
毎度おなじみ「市販風邪薬」。あれってホントに効果あんのォ?
「あったま、イテー」が口グセのキミ、“頭痛のメカニズム”は知ってる?
「なぜかかるのか?」というよりも「なぜ治らないのか?」水虫クン
「ただの医者」に安住したがらない『医学渡世人』が増えてるって!?〔ほか〕