集英社文庫<br> 骨壺の話

  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
骨壺の話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487787
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

ある日、業者は骨壺を作り始める。人は死んでからも入るところが必要である。ならば白灰一色で味気ないものでなく、もっとオリジナルな壺に入って楽しもう。かつて沖縄や慶州で見た釉薬を用いた美しい骨壺が思い出され、自ら手をそめる。かくして若狭と軽井沢に窯を持つまでに至る。「死」についての心のありかたを、滋味あふれる筆にのせ静かに解きあかす。

目次

骨壺の話(骨壺の話;『山の暮れに』のこと、それから;ふたたび、骨壺のこと)
死ぬこと生きること(集中治療室の思い出;水口さんの死;病院放浪 ほか)
若州日記(高橋竹山さんを迎えた日;竹紙本のこと;またまた、竹紙について ほか)