集英社文庫<br> 骨壺の話

集英社文庫
骨壺の話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487787
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

ある日、業者は骨壺を作り始める。人は死んでからも入るところが必要である。ならば白灰一色で味気ないものでなく、もっとオリジナルな壺に入って楽しもう。かつて沖縄や慶州で見た釉薬を用いた美しい骨壺が思い出され、自ら手をそめる。かくして若狭と軽井沢に窯を持つまでに至る。「死」についての心のありかたを、滋味あふれる筆にのせ静かに解きあかす。

目次

骨壺の話(骨壺の話;『山の暮れに』のこと、それから;ふたたび、骨壺のこと)
死ぬこと生きること(集中治療室の思い出;水口さんの死;病院放浪 ほか)
若州日記(高橋竹山さんを迎えた日;竹紙本のこと;またまた、竹紙について ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

彩美心

0
若狭の原発銀座のことが語られていて、この本が震災の何年前にかかれたのか知らないけれど、水上さんは未来を予知しておられたのだなと感慨を深くした。風流とは失敗のけしきであるという言葉が印象に残った。さすが禅寺出身者。2013/07/01

名美

0
慧端和尚の「一日ぐらし」や氏の言葉がすとんとお腹におさまったのは、私がそういう年齢になったからか。だとしたら、年を重ねられたことに感謝しなくては。2012/10/25

金之助

0
水上氏の抱く風流と死、そして生というものがよく表れた一冊だと思う。この人の書く自然のさまとでも言おうか、それがとても好きだ。2012/10/10

agri

0
風流人、水上のエッセイ2010/07/22

ipusiron

0
1998/6/18読了

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/212211

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。