集英社文庫<br> 田舎暮しをしてみれば

集英社文庫
田舎暮しをしてみれば

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487749
  • NDC分類 611.98
  • Cコード C0195

内容説明

生粋の江戸っ子である著者が、長野県佐久市の内山に、土地を買い、家を建てた。都会人が別荘をもって、優越感にひたるのとは違って、故郷を追われた敗者復活戦との意気込みであった。しかし、信州の自然に魅せられ、地元の人々に、ぞっこん惚れてしまった著者。貯金に励み、家作りにつぎこんだ。満天の星のもとに佇むわが家を思い、目頭を熱くする。「田舎」暮しの魅力、喜びをユーモラスに描く。

目次

「田舎」は子共のころからの憧れ
「田舎」の物件を見に行く
そこは信州の過疎地
「田舎」のエグゼクティブは凄い
残照が紅葉を燃やす里
土地を手放す悩み
「お米」と「ゼネコン」と「田舎」
「田舎」で最初の御難
「夜這い」についてのこもごも
「自分が寝る分おうたら死ぬ」〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yamakujira

0
田舎に憧れて、東京から佐久へ、女ひとり移住した日々の悲喜こもごも。やっぱり田舎は人間関係がわずらわしいね。 (★★★☆☆)

つちのこ

0
集英社文庫版。2020.1.18読了2020/01/18

ki-luck

0
私って田舎にも知り合いがいて、偉い人とも友人になれたから、村価格で購入できたり、修繕も安くしてもらったの。ちょっと優しくしてやった男に好意を抱かれちゃって、色恋沙汰にもなったのよ。…て感じの自慢話80%、自虐話10%、その他10%で構成されており、俗にいうオバサンの世間話をまとめたような本。半分まで我慢して読みましたが、残りはパスした。2020/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/156389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。