集英社文庫
曼陀羅の人―空海求法伝〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 431p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487183
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

密教招来の大いなる希望を胸に、まだ無名の空海は延暦23年(804)、遣唐留学生として唐に渡った。福建省に漂着後、その詩文、書蹟の才は各地で注目され、空海は長安に入る。当時、盛んであった景教など新知識の吸収に努める空海は、やがて密教継承の大阿闍梨恵果の知遇を得る。曼陀羅の人、空海の中国での足跡を描く長編歴史小説。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壮の字

58
ちょっと前に読んだ『空海の風景』(司馬遼太郎)の彼をブラック空海だとすると、本作品の彼はホワイト空海。読む後さきからいうとインパクトが小さくなりがちな順序ではある。かといって単なる純粋なホワイトでもなく、(虚偽とまでは云わないまでも)計算しつくされたホワイトでもあるのだ。ついには人種の”るつぼ”長安に至り、さまざまな異国の神々に触れる。それも曼陀羅の一コマになるのだろう。はからずも同著者が描く千年後の福建海岸を平行して読んでいる。どちらの風景に立っているのか迷子になることも。たまに。【BC空海の風景】2019/03/21

ちゃとら

55
私が知っていた空海の本とは大きく違う。上巻431ページ。まだ空海が遣唐使として唐に渡った時の話が続いている。空海の根回し。多彩な登場人物像。そこに宗教の歴史と派閥が絡まる。ローマやイスラエルまで登場。広く深く描かれている。下巻に続くが、一度では理解できない予感😅💦2019/11/30

りー

6
夢枕さんが「司馬遼太郎と全く違う空海」と紹介されていたので読んでみました。司馬さんの空海はパンクロックな感じでグイグイきましたが、陳舜臣さんの空海は「お、夢枕さん、こちらを元にされたのでは。」と思える感じで、相手の反応を見ながら言葉を出していました。司馬さんが幼少期から語り始めたのとも対照的で、始めの場面は、遣唐船が漂着したところから。その分、唐の内部事情を細かく描いています。船が長逗留させられている間に、長安に自分の噂が届くように画策する、というところ、静かな面の下の激情がいい。逸勢さんも沢山登場。2018/04/18

シュラフ

4
いま司馬遼太郎の『空海の風景』を読んでいるが、あまりの難解さに苦戦。もう少し空海・密教・曼荼羅について理解したいと思い読んだ本。小説では、遣唐使の留学生としての唐の長安での空海の生活を描いている。空海という人は、人が感嘆する文字を書き、人を納得させる文書を書き、語学を学ばせればすぐマスター、といったような超人的な人物だったようである。物語の展開が幅広く、様々な人物が出てくるので分かりづらいと思ったが、最後の最後でその理由が分かる。たしかに曼荼羅である。曼荼羅というものが少し分かったような気になる。  2012/11/17

ともとも

4
遣唐使による入唐から帰国までの期間が描かれているので、内容は実に濃厚。 空海と一緒に長安に向かっているような、正に「同行二人」の感覚で次へ次へと読み進んでしまいました。 ゾロアスター教、イスラム教、キリスト教とも対面する中で、感覚的に本質を掴んでいく過程が、密教の密教としての在り方を示しているようにも思えます。 下巻にて、大阿闍梨惠果と顔を合わせる瞬間に期待膨らみます。2012/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/515699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。