集英社文庫<br> 歓びの娘―鑑定医シャルル

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

集英社文庫
歓びの娘―鑑定医シャルル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 233p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087486803
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

超然とした美貌、人間嫌い、天才的分析力―若き鑑定医シャルルは、ある日ノルマンディで、かわいい女豹のような少女娼婦アデルを、精神鑑定のサンプルとして診断していた。そこへ鉱山で発見されたバラバラ死体が、アデルの父親と判明。死体鑑定を依頼されたシャルルは、猟奇犯罪の謎を追い、アデルの家に乗り込むが、そこは…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

36
鑑定医シャルルシリーズ2作目。物語は鉱山でバラバラ死体が発見されるところから始まる。バラバラ死体・・久しぶりです。あまり何も考えず読んでいたので結末は意外性があって面白かった。人間の精神とは何とも複雑だと感じた。相変わらずの美貌と頭の良さ、そして病的と言っても良い位の人間嫌い。一見、冷たそうだがアデルとその家族のこれからを考えた采配を読むと家族、特に母親に対するシャルルの思いが垣間見られたように思う。2018/02/11

sora

15
大人の為のミステリーです。犯罪に関する心理合戦だけれど、みんなどこか病んでいるんだなぁと、それにしても読みごたえはあります。読後感の気分のどうかは別として。2013/11/04

みどり

9
すごく昔に、図書館で読んだ本ですが、再読してしまいました。シリーズ全部、読むだろうな~。 今回は母親剥奪による家庭崩壊のお話。 シャルル本人も、その被害者なので、ちょっと私情が入った鑑定じゃないかな、と。 時代だな~と、思うのはこの25年で科学捜査もずいぶん進化してるので、時代錯誤的な部分も多々あります。(それに、固定電話だし)2020/09/30

そらみく

9
鑑定医シャルルシリーズ第2弾!複雑で屈折した人間の心理を犯罪心理学で読み解くシャルルは魅力的キャラだがシャルル自体も屈折していて難儀だ…今回は閉鎖的家庭内の闇、家族にしか分からない事は非常に多い…現実社会に通ずる。犯罪心理学からの見解は興味深い。2017/12/28

うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)

8
鉱山から発見された男のバラバラ死体。死体は何故バラバラにされなければならなかったのか?死体となった男の家庭に渦巻く闇にシャルルが迫る。鑑定医シャルルシリーズ第2弾。前作ではあま~い感じで終わりましたが、今回はその余韻すらありません。前作を読まずにこの本だけを読んでも充分楽しめると思います。深層心理に対する薀蓄がなかなか興味深かったです。★★★2010/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488967

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。