集英社文庫<br> 文明の大陸移動説 神の物々交換―荒俣宏コレクション2

集英社文庫
文明の大陸移動説 神の物々交換―荒俣宏コレクション2

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087486582
  • NDC分類 290.9
  • Cコード C0195

内容説明

発端は「食べ物」だった。たとえばポテトの謎。南米産のイモが、なぜ欧州に渡り、パリッ子好物フレンチフライになったのか?だが、歩けば怪異にゆきあたる旅は「食」から「驚異」へ、地球的規模の文明路上観察。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

非日常口

3
ポテチから始まるWunderkammerツアー。大航海時代以降、世界は様々な交配を行った。主食は持ち出され、持ち込まれ、国力も変わった。信仰対象もそうだ。本書に散見される様々な写真は興味深い。ケツァルクァトルやヴードゥー、人魚のミイラもそうだろう。ゴーギャンはインカの血筋も引いていたらしい。巷にあふれるファッションもどきをモードにするには何が必要だろう。禁欲と開放のはざまを揺れる快楽。色は元々物質で、神になる。隠者の西行/数寄者の利休。距離のある異を見ることは快楽的だ。ツアーと旅の区別を考えさせる一冊。2013/05/19

みーすけ

2
久しぶりに手に入れた荒俣宏コレクション。あと数冊で揃うかな。「トマト。ポテトなどテまたはトで終わる名前を持つ植物は、すべてマヤの原産と考えていいそうだ」2013/09/15

小林ミノリ

0
食から始まる驚異の旅、観察者、荒俣コリャマタ大先生がおくる、人類の文明化と移動の歴史、身近なものから辿る壮大な文化的地殻変動を見よ。

冬至楼均

0
オリジナルな、混じり気の無いものなんて、どこにも無い。2011/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532799

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。