集英社文庫<br> 失われゆくものの記

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

集英社文庫
失われゆくものの記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485165
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shizuka

58
失われ往く江戸を懐古するのが永井荷風ならば、失われ往く物や伝統を惜しむのが水上勉である。取材をされている当時が昭和40年代頃。この時ですでに古き良き伝統は風前の灯。水上氏の愁嘆も行き場がなく、吐息とまじり空に散ってしまう。易きに流れ、量産の時代にだんだんと移ろいゆく現状、見るに見かねて日本伝統工芸の職人を巡る。職人たちはもう諦めの境地。いくら無形文化財に認定されようとも、政府が保護するわけではない。唯一、皇室がその火を絶やさぬよう目を掛けているという。皇室、日本の心。最後の砦は皇室にあるのかもしれない。2016/10/03

S.Mori

24
作家の水上勉が全国の伝統工芸の伝承者のところを回ってまとめたルポルタージュです。情感あふれる文章で職人たちの手仕事を描いており、一読深い印象を残します。お金を儲ける事ばかりを考えずに、使い手のことを第一に考えて工芸品をコツコツ作る職人たちの生きざまに魅せられました。これは昭和の頃の記録なので、もうなくなってしまった工芸品もあるかもしれません。京菓子のことも書かれていて、大学時代によく食べに行った今宮神社の炙り餅のことが懐かしかったです。2020/08/12

さっと

7
タイトルどおり、失われゆくもの―跡継ぎのいない手工業や量産と安価の波にかきけされていく伝統工芸などのルポ。雑誌に連載されたのが1967年で、その取材に約2年かけたということだから、描かれている職人の姿は今から半世紀も前のもので、多くのモノ、コト、ヒトがなくなっていることだろう。大量生産、大量消費の中で生まれ育ってきた世代としては、今では、なになに保存協会や郷土資料館でしか見ることのできない、昔は身近にあった民具に想像を膨らますばかり。その時代の職人さんと我々ハタラキバチの時間の使い方の差異がすさまじい。2014/10/29

Quijimna

1
民具、郷土玩具を作る人、瞽女……。まさに現代日本から失われつつある生き様や情景を訪ねて記した旅のルポルタージュ。杉本ハルの名を懐かしく読んだ。風景も記憶も、放っておくと簡単に消えてしまうはかなさがある。★★★☆☆2011/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1637117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。