集英社文庫<br> 倒錯の庭

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

集英社文庫
倒錯の庭

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485134
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

電灯を消した仄暗い部屋の中で、私は今、竹彦と一緒にキノコを食べている。ヌメリイグチという名の、黄色い湿ったキノコだ。(「倒錯の庭」)恋という病に憑かれた男と、溺れゆく女の、頽廃と官能に満ちた恐怖世界を描く表題作の他、人の心に巣くう危うく妖しい欲望に取材した3つの中編を収録。精密な筆致で描きだす人間心理の襞。サイコ・サスペンス集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

355
4つの短篇からなる作品集。裏表紙のネーミングではサイコ・サスペンス。「倒錯の庭」は、「ヌメリイグチという名の、湿ったキノコ」を2人で食べるシーンに始まるが、この不穏な気配が一貫して作品世界全体を覆っている。理由のない(あるいは明らかでない)不条理のような論理が不気味だ。「罪は罪を呼ぶ」は、冷静周到なはずの外科医にしては軽率に過ぎるか。「約束」は、偶然に偶然が重なり過ぎるとはいえ、小説の結構は見事に整っており、また「あはれ」も深い。「暗闇に…」は結末が予想の範疇に収まり過ぎて、サスペンス性が弱いか。 2019/05/25

アッシュ姉

67
サイコ・サスペンス四編。二十年ほど前の作品だが、このままオムニバス・ドラマにしても楽しめそうな完成度。倒錯した愛情に溺れゆく女の行く末をハラハラドキドキしながら見守った。どんなに魅力的ないい男でもこんな危険な面があったら、いくらなんでも離れるでしょと思いつつ、斎藤工に置換えてみたら、私も簡単に溺れることが判明。愚かだわ。結末が予想できる話が多かったなか、「約束」は真理子さま~と叫びたくなるオチだった。さすが女王。2017/12/20

キムチ27

55
寒い日の炬燵守にはうってつけの内容。あ~怖い怖い、とはいうものの倒錯という言葉のまがまがしさに酩酊してしまうような感覚に襲われた。表題以外にも短編が入っており、どれも彼女らしい「心の中の妖しき蠢き」を堪能させてくれる。普段の生活では男・おんなを意識していたらやっていけないけれど(若い頃は別)こんな若い男と遭遇していたら・・はぁ~。おばさんはこんな作品を読むとき、いつの間にやら脳内ワールドにイメージが姿を現していく・・冷たい目をして細身で、ぱらりと垂れた前髪。う~ん、ディーン・フジオカか。一気読み2017/02/07

蓮子

45
タイトルに惹かれて手に取りました。「倒錯の庭」「罪は罪を呼ぶ」「約束」「暗闇に誰かがいる」を収録。どれも嫌な気持ちになること請け合いです(誉め言葉です)。一番怖かったのは「暗闇に誰かがいる」かな。オチは読めたけど楽しめました。「罪は罪を呼ぶ」はある意味滑稽でオチには思わず笑ってしまいました。「約束」はすれ違いから生じる事件になんとも切ない幕切れ。表題作の「倒錯の庭」もかなり怖い。小池さんのこう言う作風は好きですね。他にも読んでみたい。2015/05/16

ぐうぐう

25
『倒錯の庭』は4作の短編を収録したミステリだ。文庫化の際に改題されたが、元は『恐怖に関する四つの短編』というタイトルで、なるほど、どれもゾッとするような展開を見せるミステリ色が濃厚な物語となっている。罪を逃れようとする行為がさらなる罪を生む連鎖が恐ろしい「罪は罪を呼ぶ」は序の口で、「約束」の大人の男女の太い愛を真ん中に据えながら、序章と終章で偶然が成せる皮肉な展開を挟むことで、すこぶる後味の悪い物語に仕立てていたりして、(つづく)2019/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/502663

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。